コラム

大容量で機能性の高いリュックをオシャレにコーディネートするコツ

男女問わず今やオシャレアイテムのひとつとなったリュック。

サイズや色もさまざまで、アウトドアからビジネスにまで幅広く使えるバッグとして人気です。

特に大容量入る大きめのものは、機能性にも優れており、教科書やノートなどを持ち歩くことの多い学生によく使われています。

しかし、大きめのリュックはアウトドア的なイメージがあり、どのようなコーディネートをするべきなのか迷いますよね。

今回はそんな大容量リュックのオシャレなコーディネート術をご紹介します!(≧▽≦)

■間違いなしのスポーティコーデ

大きめのリュックと合わせるなら、間違いないのがスポーティでカジュアルなファッション。

デニムやTシャツなどのカジュアルなスタイルであれば、大きめのリュックも浮くことなくファッションの一部に溶け込んでくれます。少しラフなボーイッシュスタイルにもぴったりはまりますよ~。

またボトムスはデギンスやスキニーなどの細身のもので決めてみましょう。

ボトムスを細身にすることによって、大きめのバッグを目立たせ、足を細く見せることが可能です。

背の高い人は細身のボトムスに辛めのトップスを合わせると、一気に大人のカッコいい女性に大変身!(≧▽≦)

また、ミリタリー柄との相性も抜群です。

■ガーリーな雰囲気にも大きめリュックが似合う

実は大きめのリュックはガーリーな雰囲気にも似合います。

スカートやゆるめのニットなどの女性らしいスタイルに大きめリュックを合わせると、落ち着いた女性らしい雰囲気になります。

大きめのリュックも可愛らしい物だと子供っぽく見えてしまうので、少しごつめのものを選ぶことがポイント!(^^)!

特に黒はどんなスタイルにも合わせやすいので、1つあると便利です。

ただ形や素材などでイメージが変わってくるため、こういった部分で自分らしさを演出しましょう。

カジュアルスタイルにしたいのなら、丸みのあるティアドロップ型、かっちりしたスタイルならレザー生地、スポーティならナイロンやキルティングがぴったりです。

薄めのファッションカラーに、あえて黒いリュックを背負い、リュックを強調するコーディネートもありです。

思いっきりガーリーキュートなスタイルを狙うなら、黒よりもビビッドカラーのようなインパクト大のカラーがおすすめです(^^♪

この場合は、大きさもビックリするくらいの大きさの方が女の子らしさの演出になります。

またキレイめなファッションも、大きめリュックを背負うことでキレイ過ぎない印象に。

こういう「あえて外す」コーディネートも大きめリュックの醍醐味です。

■持ち方を工夫してみよう

大きめリュックとファッションのコーディネートの際には、持ち方を工夫してみることも1つの方法です。

まずはショルダーベルトで背負うリュックを、あえて手提げバッグのようにしてみましょう。

多くのリュックには机や壁にリュックを引っかけるための紐があります。それを持って手提げバッグのようにリュックを持ってみましょう。

手提げにすることで、かっちりしすぎない抜け感を演出できます。

またナイロンのような柔らかい素材のバッグであれば手に持つことで形が変わり、違った印象になります。

大人っぽい感じも演出できますよ。

両肩にショルダーベルトをかけず、片方の肩にだけかけるワンショルダーがけもおすすめ。

きっちりとしたスタイルのファッションでも、ワンショルダーがけをすることでこなれた抜け感を演出できます。

ワンショルダーがけをするときには、ショルダーベルトを長めにしておきましょう。ちょっとゆるい感じで、よりオシャレに見えますよ(*^^*)

■おわりに

大きめリュックはコーディネートしにくいと思われがちですが、どんなスタイルにも合わせやすい万能アイテムです。

コーディネートも楽しめる大きめリュックで、オシャレに決めてみませんか♪