コラム

通勤通学に!大人っぽく決まるリュックは新生活にも!

新生活が始まるときには、身の回りのものを一新するという方も多いのではないでしょうか?
制服やスーツが新しくなると、気持ちも新しくなりますよね。

そんなときにはバッグも一新したいもの。
バッグを新しいものに変えるなら、リュックにしてみるのはいかがでしょうか?

たくさんものが入るリュックは、高校生や大学生をはじめ、通学通勤にとても便利なアイテムです。
今回はそんな新生活にぴったりのリュックをご紹介します。

■カジュアルイメージはもう古い!

今までのリュックというと子供っぽくてカジュアルというイメージがありましたが、近年では大人の女性がビジネスシーンで身に付けられるような大人っぽいリュックも出てきています。
荷物がたくさん入るため、何かと荷物が多くなりがちな学生や女性にはぴったりのアイテムです。
特に女子高生の間では、通学だけでなくオシャレのマストアイテムとして人気になっています。

中には2way、5wayなど状況に合わせて使い分けができるようになっているリュックもあり、通勤通学以外にもさまざまなシーンで活用できます。
新生活を始めるにあたって1つ持っておくと、どこへ行くにも便利。
背負うだけでなく、肩にかけたりトートバッグのような持ち方をしてみたりと、持ち方を変えてもオシャレな印象になりますよ。

■通勤通学ファッションにも合わせやすい

通勤通学に使うバッグといっても、その日のファッションに合っているかどうかは気になるポイントです。
高校生の場合制服があることが多いですが、制服のない大学生にとってはファッションと通学バッグのコーディネートも気になるところですよね。
リュックは各ブランドからさまざまなデザインのものが出ているため、ファッションにも合わせやすくなっています。

スポーツ性を感じさせるカジュアル系なファッションであれば、バックパックのようなごつめのデザインのものが合いますし、キレイめの服装にはレザータイプで上品に決めるのが似合います。
レザータイプのリュックはカジュアルな服装も上品にしてくれるため、どんな服装でも合わせやすいです。
大人っぽい服やビジネスシーンにも似合いますよ。

シンプルな服装には、差し色になるようなカラフルなリュックをワンポイントにするとオシャレです。
個性的なファッションであれば、柄物のリュックをセットにするといいでしょう。通勤通学でよく着るタイプの服に合わせて選ぶのがポイントです。

■リュックの3つのスタイル

通学等で使うリュックには、主に「スクエア・ボックス」「ティアドロップ」「スポーツブランド」の3つのスタイルがあります。

スクエア・ボックスタイプのリュックは名前の通り形が四角になっており、使い勝手がいいことが特徴です。
入る容量が大きく、教科書やノート、パソコンなどを入れやすくなっています。
小物収納などのポケットが充実しているものも多く、機能性にも優れています。

ティアドロップタイプは上方が丸く、下が四角に作られているタイプのリュック。
多くの人に愛されている定番のスタイルで、大学などでも使われていることが多いです。
多機能で使えるものやデザイン性の高いものなどさまざまな種類があり、通勤通学以外にも色々なシーンで使えます。

スポーツブランドタイプは、スポーツブランドやアウトドアブランドが作っているリュックです。
アクティブな状況にも対応できるよう耐久性や機能性に優れたものが多く、重いものを持つことが多い人に最適です。
このタイプでも通学を意識して作られているものは、女子学生が使いやすいように可愛らしいデザインになっています。

 

おわりに

カジュアルというイメージがあったリュックも、今では通勤通学に使えるほどさまざまなバリエーションがあります。

新生活を始める際には、デイリー使用のリュックを考えてみるのはいかがでしょうか?