コラム

マザーズバッグは軽くて汚れも簡単に落とせる素材がおすすめ

マザーズバッグは子供を持つお母さんの必需品です。
おむつや着替え、哺乳瓶など、子供に必要なものをたくさん詰めておけるバッグは、1つあると便利ですよね。

しかしたくさん使う機会があるものだからこそ、汚れが気になるという人も多いでしょう。
また長時間持ち歩くことも多いため、あまり重いと疲れてしまいます。
そんなお母さんには、汚れが簡単に落とせて軽いマザーズバッグがおすすめです。

■バッグそのものは軽い方がいい

バッグそのものは、なるべく軽いものを選んでおくのがベストです。

子供がいるお母さんの持ち物は、想像以上に重いです。
紙おむつやおしりふき、着替え、タオルのほかにも、ミルクの道具やおもちゃなど、とにかくたくさんのものを持ち歩かなくてはなりません。
その重さは3キロ近くになることもあります。
生まれたての赤ちゃんと同じくらいです。
なるべく荷物を減らして軽くしたいとは思っても、子供には何があるかわからないため、不測の事態に備えられるだけの荷物は用意しておきたいものですよね。

バッグそのものが軽量なら、荷物を減らさなくてもお母さんの負担が軽くなります。バッグそのものの重さは500グラム以下、ペットボトル1本分くらいの重さがいいでしょう。

■水分が吸収されにくいものを

マザーズバッグの素材は、水分が吸収されにくいものを選びましょう。

マザーズバッグの中には、ミルク用のお湯や子供用の飲み物などを入れておく人も多いです。これが何かの拍子で漏れてしまったときに、水分が吸収されるものだと、シミや色落ちが起こることがあります。

また、水分が吸収されにくいものであれば、雨にも強い上、汚れが付いてもさっと拭き取るだけで簡単に落とせます。汚れや水分を簡単に落とせる素材であれば、長く使えるだけでなく、バッグをずっと清潔に保てますよ。

■マザーズバッグはナイロン製がベスト

前述した2つの特徴を兼ね備えている素材がナイロンです。

ナイロンは水を吸収しないため、雨の日でも安心して使えます。
またお湯や飲み物などがバッグの中で漏れてしまっても、拭き取るだけで簡単に落とせるため、汚れることも少ないです。
大容量のものでも軽量で、とても機能性に優れています。さらにデザインもシンプルなものが多いため、どんな洋服にも合わせやすいです。

軽さで選ぶならポリエステルもおすすめです。
撥水加工をしているものであれば、水にも濡れにくいです。
またナイロンやポリエステルは、軽いだけでなく繊維の中でも特に丈夫なものです。
洗濯もできるため、万一汚れてしまっても洗って汚れを落とせます。
しわにもなりにくく、形も崩れにくいため、丈夫さも求められるマザーズバッグには最適です。

■軽量化には子供も一役買ってくれる

「それでもやっぱりバッグが重い」という人は、子供にも手伝ってもらいましょう。

子供は2歳くらいになると、自分で荷物を背負うことも可能です。
2歳くらいになると持たなければならない荷物も減りますし、大人の真似をして荷物を背負いたがる子供もいます。
そのため自分の荷物はある程度自分で背負わせているというお母さんも。
2歳10か月の子供を持つあるお母さんは自分のバッグにおむつやおしりふきを、子供が背負うバッグにおもちゃやお茶といった荷物を分担して持たせているそうです。

お母さんの負担を減らすには、子供に協力してもらうのもいいかもしれません。
こうした親子のためにお母さんと子供がお揃いで使えるマザーズバッグも販売されています。

おわりに

マザーズバッグを選ぶ基準は人それぞれ。
しかし毎日持って歩くなら、ナイロンのマザーズバッグがベストと言えます。
機能性のことを考えても、マザーズバッグの素材にはこだわりたいですね。