お出かけ

暑い夏は避暑地で乗り切る!女の子も男の子も大満足!大自然の中の遊園地「ぐりんぱ」

富士山2合目のゆうえんち・ぐりんぱ

住所: 静岡県裾野市須山字藤原2427

営業時間:9時30分〜16時30分(詳しくは公式サイトでご確認ください)

定休日:定休日はありませんが、休園日がありカレンダーに表示されています

入園料:おとな1,200円、こども・シニア800円、

ワンデークーポンおとな3,500円、こども・シニア2,600円

※こどもは3才以上~小学生

駐車場:1台1,000円(普通車)

※ ご来園には南富士エバーグリーンライン(有料道路)を通ります。

※ 有料道路通行料金(往復で普通車510円、マイクロバス1,230円、大型車2,060円)がかかります。

アクセス:JR御殿場駅・三島駅・富士各駅から路線バス運行

東名高速裾野IC約20分。(御殿場ICから30分)

※ゴールデンウイーク、お盆、お正月は駐車場や周辺道路が混雑すると予想されます

(裾野ICから富士サファリパーク間が渋滞)

「ぐりんぱ」の公式サイトに「本日の道路状況」が公開されています。

冬場は、雪が積もっている可能性もあるので、チェックしてからおでかけください。

お得なチケット特典がある、「クラブぐりんぱ」会員になるのもおすすめです。

さらに誕生月に行くと、お楽しみもあります。娘はいただいたシールを大事に大事にとってあります。

広い公園が好きな我が家は、夏休みや冬休みには広くて元気に遊べる場所を選びます。

特にアスレチックが大好き。

「さがみ湖プレジャーフォレスト」で「ピカソのたまご」というアスレチックを体験してから、すっかり虜になっています。

「ぐりんぱ」にも「ピカソのたまご」がある!というのが決定的でした。

「キッズフジQ」という、雨天時も遊べる場所があるのもポイントが高かったです。

高速道路を進むたびに、富士山が見えるぞ!どんどん近くなる!と楽しみにしながら向かいました。

大きくせまってくる富士山。

いよいよ裾野に到着!と思ったら、霧が富士山を隠してしまいました。公式サイトでは、ここは標高1,200m。通常より4℃~5℃くらい涼しいと説明されています。真夏なのに、さわやかに過ごすことができました。8月の終わり、私は上着が欲しかったぐらいです。

「ぐりんぱ」をエリア別に紹介!

「シルバニアビレッジ」

一面に素敵なお花畑が広がっています。シルバニアファミリーのお家の中に入ったりできます。見本もたくさんあります。夢のような気分、おもちゃの世界にきた気分を味わえます。

おもちゃのおうちや人形で遊べるスペース、おもちゃ売り場は、お子さまが大興奮すること間違いなしです。

近くに新しいアトラクションの「ふわふわカーニバル」、「カッパ大作戦」があり、長~い列ができていました。

「おもちゃファクトリーキッズフジQ」

小さなお子様向けの屋根つき遊園地!?子どもが熱中・大人が休めるという、理想的な場所です。

年齢別に遊べる遊具コーナー、メルちゃんやプラレールで遊べるコーナーがあります。

近くで大人も座れる場所や、マッサージチェアーまで!!2階には休憩所もあります。

「M78ウルトラマンパーク」

ウルトラマンにちなんだ乗り物がたくさん。

我が子は、フライングウルトラマンが気に入り。ぶらんこには何度も乗りました。かわいいレストランには、オリジナルのキッズメニューがあります。

ゆうえんち・アスレチックエリアもすぐ近くにあります。お約束のメリーゴーランド。
巨大迷路、そして「ピカソのたまご」

おすすめの周り方は?

最初にシルバニアエリアを楽しむ。そこからロードトレインにのってウルトラマンエリアへ。観覧車に乗って、次はどこへ行こう?と作戦会議。

ウルトラマンレストランで食事をして、午後は、迷路・アスレチック(ピカソのたまご)へ。最後にキッズフジQで、好きなおもちゃで遊んで、親はマッサージチェアーや休憩所で一息ついて、閉園時間まで過ごします。

今回選んだバックは3つ!

大人2人と7歳と4歳の子どもでいきました。父と母で荷物を持ち、こどもは手ぶらです。

1、ママバックは「薄め・斜めがけ」+「リュックに変身」

チケット・財布・携帯・ビデオはいつもすぐ出せる斜めがけがおすすめです。コンパクトなので、子どもと一緒に乗り物も楽しめます。リュックにしてアスレチックも楽しみました。

他には、化粧ポーチ、水筒、メモ帳、絆創膏、ミニおやつ、のど飴、ゴミ袋、ハンカチ、ティッシュ

2、リュック(子どもに管理させますが、遊ぶ時は親が持つ)

中身は、帽子、メモ帳、折り紙、水筒、ハンカチ、ティッシュ、タオル、着替えを二人分。

素材は軽くて、汚れてもよいものを。

3、クーラーボックス(軽くて、たためる、肩にななめにかけられるタイプ)

(クーラーボックスという名の、パパバック)

お弁当や食べ物を保冷するためにあった方がいいです。移動が多いので、とにかく軽いものにしました。息子と娘と2ヵ所に分かれるかもしれないので、さらに中に小さい保冷バックがあります。

中身はお菓子、冷たいゼリーと凍った飲み物、おにぎり、お手拭き、うちわ、日焼け止め、虫よけ、ゴミ袋、レジャーシート(利用せず)、水筒

乗り物に乗るごとにチケットをみせるので、親だけでもチケットホルダー(のような、すぐ見せられるもの)をもっていけばよかったと思いました。

周辺施設もおすすめ

「キャンピカ富士ぐりんぱ」が隣接

コテージやトレーラーハウスなど様々な宿泊形式があります。あの、シルバニアファミリーのおうちもあるのです。大人気でなかなか予約できません。

たっぷり遊んで、大自然を堪能しながら、バーベキュー。ぐりんぱが目の前にあるので次の日もめいいっぱい遊べます。移動時間の短縮はかなり重要です。富士山を見ながら、いつか一緒に登山しようと話しをするのもいいですね。

「富士こどもの国」「富士サファリパーク」も近くにあります。

次回は、キャンプをしながら、たっぷり遊園地で遊びたいと考えています。

まとめ

大自然に囲まれた、広い遊園地です。お天気がよければ富士山が間近に見えて圧倒されてしまいます。

まず駐車場から広い。園内も広くて横に長い。園のチケット売り場付近に車をとめて、先に降りてもらうのもおすすめです。ドライバーさんはつらいですが・・・。

歩きはじめた小さなお子さんには、ベビーカーがあると安心です。

事前に遊ぶエリア・食事・トイレの場所をチェック。

水に関するアトラクションがありますが、夏でも濡れずに過ごせました。

山の気候は変わりやすいので、防寒と雨対策があるとよさそうです。

レストランと自動販売機、ベンチが複数あります。

荷物は最低限、身軽な装備で、親子で一日中楽しみましょう。