インタビュー

普段使いのバッグはショルダー派?リュック派?「リュック派の声」Vol.5

Vol.5
30代後半女性(小学生と保育園に通うお子様の子育て中)

私が普段リュックを愛用する理由

最近たくさんのブランドからさまざまなデザインのリュックが販売されていますよね。

デザインだけでなくカラーバリエーションも豊富で、とてもオシャレなものが沢山売っているのを見かけます。

服装や用途に合わせて選ぶこともできますし、私にも愛用しているリュックが2つあります。

ひとつは私専用で使用しているレディースブランドのもの。主に子供と一緒に公園へ遊びに行く時や、買い物に行く時に使っている普段使いのリュックです。

最低限必要な量のおむつやおしりふきが入ったポーチ、お財布やスマートフォン、エコバッグが常に入っているものですが、状況によって帽子や、水筒、折り畳みの傘を入れることもあります。

毎日持ち歩くものなので、丈夫で肩にあたる部分が幅広の使いやすいものを選びました。

もうひとつは少し大きめのリュックです。これは男女兼用のデザインのもので、家族で出かけるときに重宝しています。

この男女兼用のデザインにしている理由としては主人と共同で使うことができるからです。

小さな子供とお出かけすると、途中で抱っこをせがまれるときがあります。そんなときに、どちらかが子供を抱っこして、どちらかがリュックを背負うことができるデザインのものを選びました。

小さな子供とお出かけをするときは意外とたくさんの荷物が必要になります。おむつやおしりふきをまとめているポーチや、予備でもっていく子供の着替え、飲み物を入れている水筒、ハンカチ、タオル、お財布などの貴重品…。

これらのものをすべて入れても楽に持てるのがこちらのリュックで、収納力が高く大人の一泊旅行なら十分荷物が入りそうです。

子供が生まれて子供と一緒に出掛けるようになるまで、ほとんどリュックを使うことがありませんでした。というのもリュックはカジュアルなイメージがあったからです。

学生が持っているようなイメージがあり、リュックを持つのが恥ずかしいように感じたこともありました。

でも一度リュックを使い始めるとその便利さに驚きました。子供と公園で走り回ることもできますし、荷物をたくさん入れてもさほど重みを感じずに持ち運ぶことができるからです。

初めて購入したマザーバッグはショルダータイプのものですが、使用しているうちにいくつかのデメリットを感じるようになりました。

リュックもショルダーバッグも両手があき、子供と一緒に歩いている分には問題がなかったのですが、子供が成長しすぐに走り出してしまうのを追いかけたりするような咄嗟に走らなければいけない状況になったときや、屈んで子供の世話をするときなどショルダーバッグでは斜め前に荷物が移動して邪魔に感じるようになったのです。

おまけに片方の肩だけに負担がかかってしまう気がして、肩こりがひどくなる前にリュックを購入しました。

リュックを購入する際に譲れなかったポイントはポケットがたくさんある事と、サイドにファスナーがついていることです。

ハンカチやティッシュなど出し入れを頻繁にするものはすぐに取り出せるようにポケットにしまいたかったのと、買い物をするときにわざわざリュックをおろしてお財布を取り出すのではなくサイドのファスナーを開けたら簡単にお財布を出すことができるようなデザインのものを探しました。

リュックを買う際は実際にお店に行って商品を見るのと同時に、インターネットの口コミを参考にして選びました。

最終的には気にいったデザインの中で値段が一番安かったインターネット通販のお店で購入しました。今でも大活躍をしてくれているのでとても満足です。

子供が小さなうちはリュックのままでいいのですが、子供がもう少し大きくなって持ち歩く荷物が減ったら次はショルダーを購入しようと考えています。

スポーティーでカジュアルな服装なときはリュック、少しドレッシーな服装でお出かけをするときにはショルダーと使い分けられるようなオシャレな女性を目指したいですね。