インタビュー

普段使いのバッグはショルダー派?リュック派?「ショルダー派の声」Vol.4

ーー本日はお子様がいらっしゃる40代女性、ショルダーバッグ派の方に伺いました。ーー

私は普段からショルダーバッグを持つことが多いです。

今使っているバッグは、COACHのフラップタイプで赤のオールレザーのショルダーです。普段からカジュアルな服装が多いので、紐を長めにのばして斜めがけにして使っています。レザーなので雨でも中身が濡れる心配はありません。

他にもバッグはいくつか持っていますが、大小合わせてショルダーバッグの割合が一番高いと思います。そこでここでは、私が思うショルダーバッグのメリットなどについて、詳しくお伝えします。

●必要なものをサッと取り出せる

ショルダーバッグが好きなところは、やはりカバンの中身がすぐに取り出せることですね。

特に財布や携帯は出し入れする回数が多いですが、ショルダーバッグだとサッと出せるんです。例えばコンビニのレジとか駅の券売機の前など急いでいる人がいる場所で、カバンの中の財布が見つからずにもたもたしていると、焦って冷や汗が止まらなくなってしまいますし、周りにも迷惑かけてしまいますよね。

カバンの中のものを少なくとも10秒以内にサッと出せるというのは、それだけでストレスフリーなんです。

●防犯性が高い!

リュックサックだと後ろからスリにあっても気づかないかもしれないという不安がありますし、トートバッグも口が大きく開いているから中身が見えやすくてやっぱり防犯的には心配です。

ショルダーバッグの場合は、自分の体の前にバッグを持ってくればなんとなく安心出来ますし、フラップやファスナーなどで口も閉められるので、防犯性が高いと思います。斜めがけにしておけば、例えばひったくりに急に引っ張られたとしても、取られる心配はありません。特に海外旅行に行く時には防犯性の高いバッグが必要不可欠です。

昔はウェストポーチなどが流行りましたが、女性の場合は財布や携帯以外にも化粧ポーチなど色々と荷物が多いので、ある程度の大きさがないと困るんです。

ショルダーバッグならちょうどいいサイズのものを選ぶことが出来るので、旅行にも安心して持って行けると思います。

●両手が空くので自由度が高い

子供が小さいので、いつも抱っこしながらカバンの中から物を出すことが多いんです。ショルダーバッグは両手が空くのですごく助かっています。

子連れで買い物をすると本当に手が何本あっても足りないくらいなので、両手が自由に使えるショルダーバッグは、子育て中のママには強い味方なんです。

●荷物が多い時も持ち方を変えられる

ショルダーバッグのデメリットを挙げるとすれば、肩に負担がかかりやすいところだと思います。確かに大きめのショルダーバッグはつい物をたくさん入れてしまうので、肩に重さがずしっと来ます。

でも大きめのショルダーバッグには、たいていハンドルがついていたり、ショルダーベルトに肩をサポートするパッドが付いていたりしますよね。基本的に荷物が重い時は、ハンドルを握って手に持てばよいですし、手が疲れたらパッドを当てながら肩にかけたりもできます。片方が疲れたら反対側に持ち替えながら歩けば、肩こりにならずに済みます。

一泊二日程度の荷物ならキャリーバッグよりも大きめのショルダーバッグの方が疲れないと思います。

●今後欲しいと思うのは機能的なショルダーバッグ

今後買うとしたらやはりショルダーバッグがいいなと思います。

今のCOACHのバッグは見た目重視で使っていますが、ポケットが少ないし、オールレザーなので少し重いところが難点なんです。なので次に買うとしたら、ポケットがたくさんあって軽い素材のショルダーバッグが欲しいなぁと思います。

子供がいると荷物がすごく多くてカバンの中がすぐにごちゃごちゃしてしまうので、ある程度容量があってカバンの中できちんと整理しやすいものが理想ですね。