インタビュー

普段使いのバッグはショルダー派?リュック派?「ショルダー派の声」Vol.8

女性ならバッグを購入するとき、ショルダーかリュックかと迷われる方も多いと思います。

特に小さなお子さんがいたり、たくさんの荷物を持ち運びたかったりすると、「どちらが便利なのだろう?」と迷う方も多いと思い事でしょう。

今回はショルダー派の私が、ショルダーをおすすめするポイントをお教えします。

●ショルダーはすぐに荷物が取り出せる

ショルダーバッグは、体の横に取り出し口がありますので、さっと手を入れてすぐにものを取り出すことができます。一方リュックは、一度体の前にリュックを持ってきて、ファスナーを開け、そこから中身を出さなければなりません。このひと手間が、主婦にとっては大きなネックです。

特に小さな子どもがいる場合は、赤ちゃんを抱っこしてリュックを背負うというのは至難の業です。また、前に赤ちゃんを抱っこしている場合、リュックだとものを取り出すときに手元が見えづらく、一旦置く場所を探さなければいけません。

背面にファスナーがついていて、そこから荷物を取り出せるタイプのリュックもありますが、種類が限られますし中が見えないので手探りで荷物を探すことになります。咄嗟に中のものを取り出したいときは、ショルダーのほうが断然使い勝手がよいです。

●デザインが豊富

ショルダーバッグはリュックに比べてデザインが豊富で、サイズや色などを選ぶことができます。リュックはどうしても「両手があく」「たくさんの荷物を運ぶ」というメリットはありますが、スポーティなデザインに偏ってしまいがちです。

スカートやワンピースなどを着たいときや、パンプスをはいて出かけたいとき、ショルダーバッグならばコーディネートもしやすいですが、リュックの場合はどうしてもスニーカーにパンツというスタイルに偏りがちです。

最近は女性的でかわいらしいデザインのリュックも増えていますが、コーディネートのしやすさからいえばショルダーバッグに軍配が上がるでしょう。

●2wayや3wayなどさまざまな使い方ができる

ショルダーバッグの多くは、肩ひもの長さを調節したり、ストラップを取り外したりすればハンドバッグやクラッチバッグとして使えるものが多くあります。

自分のファッションにあまりお金をかけられない主婦は、TPOに合わせて使い方を変えられるショルダーバッグはとても魅力的です。

同じショルダーバッグでも、コーディネートにあわせて簡単にニュアンスを変えられれば、バッグをいくつも購入せずに済みます。こうした1つのバッグでさまざまな使い方ができるのは、ショルダーバッグならではのメリットです。

●私のショルダーバッグ

現在、小さな子どもがいるため、A4サイズも楽々入るほどの大きめのショルダーバッグを愛用しています。なんでもぽんぽんとものを入れても、さっと取り出せてとても便利です。

子どもと一緒にお出かけすると、床やベンチにバッグを置くこともあるので、汚れても拭けるように防水スプレーを吹きかけてから使っています。どんなファッションでも使いやすいように、ダークな色味のものをチョイスしました。

子どもがもう少し大きくなったら、女性らしい小さめのショルダーバッグに変えてオシャレをもっと楽しみたいなと思っています。

先日、祖母から本革のポシェット型ショルダーバッグを譲り受けました。祖母が若いときに愛用していた、コロンとした丸形でとてもかわいらしいデザインのものです。こうしたものはメンテナンスをして使えば長年使い続けられますので、今後はぜひ私が受け継いで使いたいと思っています。