インタビュー

普段使いのバッグはショルダー派?リュック派?「リュック派の声」Vol.7

Vol.7
40代女性(3歳のお子様を育児中)

ショルダーかリュックか?と聞かれたら、わたしは断然リュック派です!

理由はたくさんありますが、まず1つめは肩への負担が少ないことです。荷物がたくさんあっても、重さを両方の肩で分散できるので肩が凝りにくいです。

リュックの肩ひもはクッション材がしっかり入っているものが多いので、食い込みにくく同じ重さの荷物を持っていても断然リュックの方が楽に感じます。

2つめは、わたしは肩幅が狭く、しかも撫で肩なのでショルダーだとずり落ちてしまうのですがリュック派だと肩ひもを調整すればずり落ちることがなく、安定するからです。

アウトドア系のものだとハーネス(左右の肩ひもをつなぐパーツ)があるのでより安定感があります。

3つめは、リュックの方が内側も外側もポケットがたくさんついているものが多く、ほしいものをすぐに取り出せるからです。

わたしは3歳の男の子を育てるママなのですが、子どもと一緒のおでかけの時にはティッシュやハンカチ、お菓子、スマホなどを片手ですぐに取り出せるリュックは本当に便利です。また、抱っこをしても子どもの足が絡まず邪魔にならないところも魅力です。

4つめは、この1、2年はリュックが流行っているのでお店で買う時に選べるデザインが豊富なことです。スポーティーなものからきれいめなものまで、色も素材も大きさもたくさん揃っているので人と被らず、自分のスタイルに合わせて使いやすいものを見つけられるので、持っているのはリュックばかりです。

5つめに、見た目のことになりますがショルダーに比べて重心が上になるので、背が低くてもバランスよく見える気がするのもリュックを使っている理由です。なので、もちろん現在もリュックを愛用している訳です。

今使っているもリュックを選んだのは、店先で柄がまず目に留まったからでした。紺地にパイナップル柄、というちょっと個性的なデザインですが紺色がベースなので意外と手持ちの洋服に合わせやすく、街中でも他の人とも被らないのが気に入っています。

リュックですが肩ひもが太すぎず、全体的にゴツくないシンプルな形をしているのでスカートやワンピースなど、少し女性らしいファッションでもわたしの持っているカジュアル系の洋服ならしっくりくるので服装によってバッグを替えなくても良いのもポイントが高いです(バッグを替えるとつい忘れ物をしてしまうので、わたしは特別なとき以外はなるべく同じバッグを使うようにしています)。

このリュックは機能面もとても優秀で、メイン収納部の上部に口金が入っていてがばっと口が開くので中のものが見やすく、また出し入れもしやすくなっています。

お弁当などは底の方にまっすぐ入れられますし、仕事の書類の入ったA4ファイルも折らずに持ち運ぶことができます。

さらにこのリュックはポケットが多く、外側は左右にファスナーなしのポケットとファスナーつきのポケット1つ、内側の高い位置にペンやティッシュなどのよく使う小物が入る浅めの小さなポケットがついていて、ものをすぐに取り出せるようになっています。

なのでパスケースやペットボトル、カギなどをリュックを降ろさなくても片手で取り出してすぐにしまえるのでとても便利です。

落とすととても困るカギやパスケースはカギ付きのポケット、他のものといっしょにしたくない濡れた折り畳み傘やペットボトルは外のファスナーのないポケットにしまっています。メイン収納部にはお財布など貴重品を入れていますが、サイドにファスナーがあるので背負ったままでもすぐに取り出せてとても重宝しています。

今のところはこのリュックを愛用していますが、次に買うとしたら、形はもちろんリュックで、もう少し大人っぽいデザインで上質な素材の無地のものが良いかなと思います。

夏に向けて、素材が水に強く汚れにくい撥水加工のもので、濡れた折り畳み傘や結露しやすいペットボトルを入れても大丈夫な防水ポケットがついていたら、言うことなしですね。