子どもと楽しむ淡路島国営明石海峡公園【兵庫県淡路市、人気の遊び場】

国が運営する全国17の公園のうちのひとつ淡路島国営明石海峡公園は、さすがといえる大型遊具で遊べる場所です。遊具で遊べる場所だけとっても、とてつもなく大きなものとなり、遊びが連続する夢っこランドと、とても大きな遊具建築物のある子供の森があります。

子どもと遊びに出かけて「ここはいいな」と思える場所をご紹介しています。花と緑がいっぱいとアピールされている園内は、、それぞれのテラスといったテーマのある場所があり、散策するだけでも冒険心がたっぷり満たされます。

季節それぞれの花で虹を描く、大地の虹などに咲く植物に加えて、花の中海ではスワンボートで遊覧もできます。そんな気持ちのいいレジャースポットとしての側面は、隣り合わせで一体化しているともいえる、淡路夢舞台まで視野に入れなければ、全貌を掴んだとはいえません。

大きな夢っこランドエリアの隣はこれまた広大な芝生広場

さらに実は本州側にも国営明石海峡公園は、展開しているのです。神戸地区となるあいな里山公園は、これまた隣接するしあわせの村と一緒に興味深い場所。ただし、入場料などが共通利用できるとはいえ、利用上は別の場所と考えた方がいいです。

隣接するレジャースポット含めての国営明石海峡公園の全体像は、関連記事でまとめてあります。本記事ではさらに、淡路地区となる淡路島国営明石海峡公園に焦点を絞って、いつものように独自に撮影した写真を満載して、子どもとの人気の遊び場へのお出かけに役に立つようガイドします。

関連記事:子どもと格安で楽しむ淡路島国営明石海峡公園

子どもが大型遊具で遊べる淡路島国営明石海峡公園をしっかり解説!

国営公園としての明石海峡公園の特徴は、園地が離れた場所にふたつあること。淡路地区淡路島明石海峡公園神戸地区あいな里山公園になります。どちらも大人は入園料が必要。同じ日であれば、入園料や駐車場代金が共通利用できます。

淡路地区は、兵庫県が関係し、県立施設もある淡路夢舞台と、神戸地区は神戸市のレジャースポットになっているしあわせの村と密接な関係があります。国営公園それぞれの園地の連携よりも、訪れた時に気になるのは、連携しているスポットのほうです。

国営公園の中には、目を見張るような大型遊具がさすがは国の事業! と感心させられるところがあります。そういう観点では淡路島国営明石海峡公園が、そんな仲間に数えられるひとつになっています。

夢っこランドには大型コンビネーション遊具が連なる遊具の道

メインタワーは周囲に4つの塔を従えています。それらを結ぶデッキからのものを含めて、それぞれからスライダーが発進しています。いろいろな風を感じて欲しいというのが、夢っこランドに託されたひとつの願い。

さらに加わる花の願いは、楽しげな道となって、次の風の体験へといざなっています。屋根付きの建屋の中では、これまた極上の滑りが待っています。

水もまた公園のテーマ。船の遊具は海での冒険を感じさせてくれるもの。そんな中でもまたもや違った風を感じさせてくれるスライダーが仕込まれています。

水を感じる決定打は船の前、この遊びはユニークなものです。夢っこランドではさらにこれらの大型遊具の周囲に、ターザンロープを始めとする遊具がたくさん配置されています。

じゃぶじゃぶ池も隣接、春~秋に活用

じゃぶじゃやぶ池のある水遊び場は、春~秋の稼働。夢っこランドの隣にあって、公園側の分類では独立した場所という扱いです。ユニークな水を使った遊具! といっているものとは別のものです。

遊具の砦が中心の子供の森

4階建ての中に、いろいろな遊具が設置された、まさしく遊具建築物とでもいうべき雲の砦という建物があります。

子供の森では、砦を中心にいろいろな仕掛けを駆け巡り、ローラー滑り台などで脱出したりする冒険が待っています。

利用制限中の部分:雲の砦については2018(平成30)年8月4日より3階、4階部分が補修工事に入っています。そのため上層階については利用できない状況が続いています。工事完了の見通しはまだ立っていません。

夢っこランド・子供の森の詳細は関連記事で!

淡路島国営明石海峡公園のふたつの遊具での遊び場の詳細は、関連記事でご案内します。

関連記事:子どもと楽しむ淡路島明石海峡公園夢っこランド、子供の森

陸海空に天を加えたテラス、さらには湖、海辺の遊びも

園内には各種テーマで設けられた、展望スポットがあります。公園の主要なテーマとなる花で彩られた庭園の周囲を、探索甲斐のあるものにしています。そして散策だけでなく、さらなる楽しみがある場所も!

滝、海、空、月、天壇のテラス、それぞれの眺め

陽だまりの丘のベンチ、この辺りを海に向かうと海のテラス方面

花の中海の一角には滝が作られています。そこが滝のテラス。7つの滝があります。子供の森のところから、国道28号線を跨ぐ海辺に抜ける道を行くと海岸口に向かいます。その手前にあるのが海のテラス海岸口ゲートを出ると、入場料は要らないバーべーキュー広場です。ここは海岸南駐車場に隣接しています。

大阪湾の方角を眺めるのが空のテラス

直下にはせせらぎ広場の川の流れがあります。

岩と瓦で作られた、空に突き出るイメージで作られた場所です。

せせらぎ広場から上ってきた、空のテラスの入口の反対側には、さらに階段で上っていけます。その先が天壇テラス。水と岩とオリーブの場所ということになっています。

天壇テラスは展望台というよりも岩の積まれた広場。今のところ公園内の一番高い場所はこの辺りです。さらに高速道路の見える丘の方向は、将来拡張の予定がある場所になります。

その方角に春一番の丘というお花見ゾーンとなっている場所があって、公園の北側はそこで終わっています。面白いことにここは、ソメイヨシノの花見の場所ではありません。河津桜、寒桜、大漁桜が植えられて、一足先に梅の咲く頃から桜を楽しめるのです。

月のテラスは、形が月のようになっている展望スペース。花の中海方面を眼下に、紀淡海峡方面を見渡す場所です。

季節ごとに色とりどりの花に囲まれる花の中海のスワンボート

花火鳥は花で作られた巨大な鳥のオブジェ

東浦口から入ってすぐの湖が花の中海。周囲に咲き乱れる草花は大地の虹となったり、花火鳥などのオブジェとなっています。また6人乗りのサイクルボートとなるスワンボートを楽しめるのもここ。ゲートすぐそばのボート乗り場から出発です。

スワンボート利用料金:30分400円(小中学生200円)
(小学生未満は無料、超過15分毎に200円、小中学生は100円)
利用時間:10時~17時30分(3、9、10月は16時30分まで、11月~2月は16時まで)

パークセンタービジター棟にはベビールームも

淡路口パークセンタービジター棟からは、こういったビューポイントを一望できます。

ビジター棟にはベビールームもあります。案内所があるほか、休憩室、救護室もここです。イベント開催時には使えないこともあります。休憩所は他に海のテラスにもあります。

園内のトイレはさすが国営公園、設備はばっちりです。

夢舞台の利用以外でも注目!食事の利便性

淡路島国営明石海峡公園を利用の際には、淡路夢舞台に足を延ばせば、海鮮料理とステーキ&ハンバーグショップ、カフェで食事ができます。

ランチタイム(11時~15時)とその前後のみならば、園内のレストラン花屋敷も利用できます。どんぶりやラーメン、うどん、カレーライスとカフェメニューがあります。東浦口付近の花の中海の北側です。また公園オリジナル弁当の利用も一興。事前注文して受け取ったらどこで食べても構いません。

公園オリジナル弁当
チューリップ 500円(鶏そぼろ)
キッズ弁当 500円
コスモス 600円(幕の内風)
菜の花ちらし 500円
いざなぎ弁当 1200円

注文先:0799-72-2000(明石海峡公園管理センター)
受付時間:9時~17時(菜の花ちらし、いざなぎ弁当以外の当日受付は10時まで可能)
受取場所:パークセンター管理棟(ビジター棟の隣)

広い園内を巡るのに便利な夢ハッチ号

夢っこランドの巨大コンビネーション遊具、遊具建築物があり遊びの砦となる子供の森だけでなく、敷地そのものもさすが国営公園というべきスケールの淡路島明石海峡公園。園内の移動には骨が折れます。

夢ハッチ号淡路口の乗り場はパークセンタービジター棟の裏手

乗車料金が必要とはいえ、そんな事情を踏まえて覚えておきたいのが夢ハッチ号。園内バスとなるもので、基本ルートは淡路口ゲート東浦口ゲートを結ぶもの(花の季節に特別ルート設定)。ハチのキャラクターの車両がけん引しています(12月~2月末は運休)。

夢ハッチ号利用料金:300円(3歳以下と身障者は無料)

淡路島国営明石海峡公園(淡路地区)を訪れるには(アクセスについて)

住所:兵庫県淡路市夢舞台8-10
連絡先:0799-72-2000
開園時間:9時30分~18時
(3、9、10月は17時まで、11月~2月は16時30分まで)
入園料:大人450円、中学生以下無料
(当日内であればあいな里山公園にも券を見せて入園可能)
休園日:2月の第1月曜日と翌日、年末年始(12月31日~1月1日)

公式サイトからの引用

車をご利用の場合
神戸・大阪方面から
阪神高速、第二神明道路より神戸淡路鳴門自動車道に乗りかえ淡路I.C.を降りて国道28号を南へ5分
岡山・姫路方面から
姫路・加古川バイパス、第二神明道路より神戸淡路鳴門自動車道に乗りかえ淡路I.C.を降りて国道28号を南へ5分
徳島方面から
神戸鳴門自動車道利用、東浦I.C.を降りて国道28号を北へ約10分

高速バスをご利用の場合
本四海峡バス「大磯号
JR舞子駅から
JR舞子駅下車、高速舞子バス停よりバスで約15分→夢舞台前バス停下車→東浦口ゲートまで徒歩3分
JR舞子駅下車、高速舞子バス停よりバスで約15分→聖隷淡路病院前バス停下車→淡路口ゲートまで徒歩5分
※聖隷淡路病院前バス停には1日7便のみ停車
JR三宮駅から
三宮駅よりバスで約45分→夢舞台前バス停下車→東浦口ゲートまで徒歩3分
三宮駅よりバスで約45分→聖隷淡路病院前バス停下車→淡路口ゲートまで徒歩5分
※聖隷淡路病院前バス停には1日6便のみ停車

高速艇をご利用の場合
淡路ジェノバライン
淡路交通(バス)「縦貫線(下り)」
JR明石駅から
JR明石駅下車、高速艇・明石港から岩屋港へ、岩屋港バス停よりバスで約10分

淡路島へは一般道での連絡手段はありません。また鉄道もないです。そのため本州もしくは四国から、自家用車やバスで高速道路の橋を渡るか、路線バスを利用する場合は、明石港から高速艇で、島内の岩屋港まで行きます。

【自動車を利用する場合】

淡路口駐車場

駐車場:有料(普通車1日500円)
(当日内であればあいな里山公園も券を見せて利用可能)

淡路口駐車場(240台)が夢っこランドの最寄になります。海岸南駐車場(158台)から海岸口を利用すると子供の森が最寄となります。ただし、この駐車場には冬期(12月~2月末)に、閉鎖期間があることにご注意ください。東浦口駐車場は大型車専用になります。海岸沿いに臨時駐車場があり、使われることもあります。

ウェスティンホテルのところに淡路夢舞台の駐車場あり

同じように駐車料金が、1日500円となっている淡路夢舞台の駐車場(600台)も利用可能です。東浦口から入場したい場合は、最寄となります。

この場合、子供の森までは淡路口同様にやや距離があるにせよ、夢っこランドは大きな公園の端と端となります。逆に淡路夢舞台のテラス&レストランショップなど、施設利用で無料となる面もあります。また利用時間が、公園の開園時間より長いのも便利なところです。

淡路夢舞台駐車場利用時間:7時~23時

最寄りインターチェンジ:神戸淡路鳴門自動車道淡路

神戸淡路鳴門自動車道路通行料金:
垂水~淡路普通車2,370円、軽自動車1,900円
鳴門北~淡路島南1,180円、軽自動車930円

ETC利用で大幅に割引となっていることに注意です。
垂水~淡路普通車900円、軽自動車750円
鳴門北~淡路島南680円、軽自動車570円

【公共交通機関を利用する場合】

高速バスは神戸市内から利用可能

高速バスを利用する場合は、JR三ノ宮駅東口、三宮バスターミナルから(この路線はJR新神戸駅発着便)になります。淡路島方面4番乗り場で大磯号を利用します。
(ごく少数の便がJR舞子駅近くの高速舞子で発着しています。)

高速バス最寄停留所:聖隷淡路病院前(公園淡路口)もしくは淡路夢舞台前
高速バス料金:三宮~淡路夢舞台930円(往復料金1,670円)

島内の路線バスは岩屋港から出ています。岩屋港までは明石港を結ぶ淡路ジェノバラインの高速船を利用します。平日の朝夕は毎時3本ほど、土日祝日も朝は毎時2本は運行しています。土日祝日のお昼以降は毎時2本と1本交互にダイヤが組まれています。

ジェノバライン料金:明石港~岩屋港(約13分)500円(小人250円)

連絡路線バス最寄停留所:淡路夢舞台

まとめ:巨大遊具に限らない大型公園、周囲にも見どころ一杯

もうひとつの園地となる神戸地区は、利用上はむしろ別物と思った方がよい代わりに、淡路夢舞台も含めると、果たして1日で足りるのかと思わざるを得ないレジャースポットになっています。

兵庫県では淡路島国営明石海峡公園淡路夢舞台、県立淡路島公園を含めて淡路島国際公園都市として一体と考えてインフラを開発しています。県立公園と連結する淡路S.A含めて、関西からの入口となる島のこの辺りだけでも見どころは一杯です。

交通費以外(そもそも渡橋や駐車場料金などそのもの含めて)にも、訪れるだけでも何かと費用が掛かる場所なため、どうせならば存分に楽しめるように計画したい場所ではあります。プランに際しては冬期期間中に、一部駐車場や夢ハッチ号が使えないことなどにもご注意ください。

公式サイト:淡路島国営明石海峡公園