バッグの選び方

私の「ショルダーバッグ」の選び方<冬編>40代女性Vol.1

パーティーやお呼ばれで出かける機会が増える冬。

おしゃれなコーデも、ダークカラーのコートを着てしまうと、見た目がちょっと寂しくなってしまいますよね。

私はそんな時ストールや手袋で色味を加えていますが、ショルダーバッグもそれに合わせてコーディネートします。

冬のショルダーバッグの選び方について私のポイントをお伝えしていきますね。

暖かみのある素材と色

バッグは、ともすると1年中同じものを使っていたりするものですが、服と同じように季節によって雰囲気を変えると、よりコーディネートを楽しむことが出来ます。

冬にうれしいのはやっぱり暖かさ。ショルダーバッグにもそんな素材や色を取り入れて季節感をだしたいと思います。

例えば冬に履くブーツの色味と同じレザーを使ったバッグで、部分的にツイードなど起毛素材や、ファーやニットなどを使ったものなどが合わせやすいし、暖かみがある見た目もいいですよね。

子どもと一緒のお出かけなら、カジュアルなファッションにチェックやノルディックなど冬らしい柄を使ったバッグを合わせて、明るく楽しい雰囲気に。

ふわふわでボリュームのあるファー素材のショルダーバッグなら、持つだけで女性らしい華やかな雰囲気になるので、特別なお出かけバッグのひとつにぜひ選びたいですね。

ファッションとシーンに合わせた大きさ

素材に存在感がある冬のショルダーバッグでは、その日の服やコートとのバランスを考えて大きさを選びます。

カジュアルですっきりしたパンツスタイルの時などは、ニットやツイードを使った多少大き目のショルダーバッグでもいい感じですが、ファーのバッグはボリュームがあり目立つので、もう少し小さめのほうがバランスが良さそうです。

ショルダーバッグは斜め掛けにすると、少し子どもっぽい感じになってしまうので、

片方の肩にかけてバランスのいい大きさ、自分の身長に合った肩ひもの太さや長さを基準に選び、メイク用品と、スマホ、お財布、ハンカチとティッシュなど、お出かけに必須なものが入る大きさにします。

 

季節やシーンに合う収納と機能性

パーティーなどで小ぶりのショルダーバッグを持つ場面では、持参するメイク用品を化粧直しに必要なものだけにするなど、持ち物のほうをバッグの収納力に合わせて、見た目優先にすることもありますが、普段使いもするバッグなら、冬は他の季節よりも少し収納力があるものを持ちたくなります。

その理由は、例えば冬に手袋を着けていると、案外着脱することが多いのですが、外した時にコートのポケットに入れるのは、ポケットが膨らむので私はあまり好きじゃありません。

そんな時に、トートバッグにもなるショルダーバッグで、外側に少し大きめのポケットがあるものが、手袋を出し入れしやすく便利だなと思います。

また、お店の中や地下街などで、外したストールなどを簡単に入れ、バッグを手で下げて持ち歩くことが出来るので、口の部分が開いたトート型は冬には重宝します。

開口部分の内側にスナップなどが付いているもの・底板が入っているものが、バッグの形が崩れないので、選ぶときの目安にしています。
明るい派手な色を敬遠してしまう大人の女性でも、バッグなら簡単に取り入れられるのが魅力。

季節を問わずに持てるレザーの定番ショルダーバッグの他に、色や素材で遊べるバッグがあると、寒い冬もおしゃれをより楽しめると思います。