インタビュー

普段使いのバッグはショルダー派?リュック派?「リュック派の声」Vol.2

ーー今回は20代後半の小さなお子様がいらっしゃる女性に伺いました。--

子供から大人まで、いくつになっても女性はバッグが大好きです。

洋服やヘアスタイルと同じ様にバッグもオシャレのひとつであり、男性ですとバッグを持たずにズボンのポケットへ財布を入れる程度で済む人が多いとは思いますが、外出の際に化粧ポーチや鏡などの身だしなみグッズを持ち歩きたい女性としてはなくてはならない必要不可欠なアイテムですよね。

様々なタイプのバッグが出回っている中で私は俄然リュック派です。何故リュック派なのか私なりのポイントがあります。

リュックを選んだポイント

まずショルダーバッグを選ばない理由についてですが、このタイプのバッグは使用するときには自分の前方へ、そして使用せず移動するときには歩行の邪魔にならない様に背後へ簡単にズラすことができるのでとても便利なバッグであると言えます。

ですが圧倒的に容量の小さいものが多いという事と、多少容量のある大きめの物になるとショルダーバッグの肩紐はひとつだけですので荷物の多い場合、重心が片側に偏ってしまうので身体的に負担が生じてしまいます。

もちろんどんなバッグでも肩への負担は起こり得るものなのですが、ショルダーバッグとリュックとで比較すると、肩紐が1つなのか?2つなのかによってかなり差が出ますよね。

現在私の使用するリュックは防水、ドリンクボトル付き、サイドジッパー付き、軽量のものです。まだ1歳未満の小さな子供がいるのでおむつやおしり拭きなど持ち歩くものも多く、母乳育児ですと喉も乾きやすいのですぐに飲み物が取り出せるドリンクボトルは必須です。

少し子供が大きくなっても子供の飲み物を入れておくこともできるので長い目で見ても、あると嬉しい機能と言えます。

そして抱っこで買い物に出る際にはやはり、リュックを背負ったまま財布が取り出せるサイドジッパーがあるととても助かりますし、雨が降る日には子供が濡れない様に傘の位置を調節するので背負っているリュックは濡れてしまいがちです。

なので防水というポイントもとても大事にしています。そして身体的負担を軽減するためにはやはり軽量であるという点も、私がリュックを選ぶ際のひとつの条件です。

これから先に新たなバッグを選ぶとしたら?

今後、子供が幼稚園、小学校ともう少し大きくなってそんなにたくさんの荷物を持ち歩く必要が無くなれば、今よりも小さくて可愛らしいバッグを使いたいなぁ…と考えています。

やはり大きい機能重視のリュックですと見た目が可愛いものは少なく「山登りでも行くのかな?」と思われてしまう様な格好になってしまいがちなんです。

仕方のないことではあるのですが、大きなリュックで買い物へ行き、大根や牛乳をリュックにパンパンに詰め込んで歩く姿はとてもオシャレとはかけ離れてしまいます。

今の現状で使うぶんには1番便利で合理的ではあるのですがやはり、いくつになっても女性はオシャレを楽しみたい生き物だと思うのでファッションの邪魔をしないような小さいサイズのバッグはとても魅力的に感じます。

もしも、子育てがひと段落して自分のためだけのバッグを購入できるとしたならば…わたしはリュックのようにいちいち下ろさなくても物を取り出せて、サイズの小さい、簡単に前後にズラせる見た目の可愛いショルダーバッグを選びたいです。

小さめのリュックなどもありますがやはり少しフォーマルなシーンなどでも使うことを想定してリュックよりもショルダーバッグを選びます。

とはいえ、当分の間はは子供の飲み物をはじめ、おもらしを想定した着替えなども持ち歩かなければいけないのでまだまだリュック愛用は長くなりそうです。