子どもと無料で楽しむ長野県松本平広域公園信州スカイパーク【長野県松本市、塩尻市、人気の遊び場】

巨大な遊具が何なのかといえば、建造物としか言い表しようがありません。ジェット旅客機さえも飛び立つ滑走路を、一望する塔もそびえます。中で遊んでみれば、まごうことなき遊具になっている遊具建造物をも呑み込んでしまうのが、長野県立の松本平広域公園

信州スカイパークを名乗るこの公園は、やはり長野県で随一の広さを誇ります。それは例えば、Jリーグの松本山雅F.Cの本拠地競技場アルウィンが、ほんの片隅の一画でしかないことでも分かります。

もっと分かり易い事実は、2000 mの滑走路を持つ信州まつもと空港(松本空港)を、丸ごと囲い込んで余りある敷地となっている点。子どもと遊びに出かけて「ここはいいな」と思える場所をご紹介しています。

サッカー・ラグビー兼用の臨場感ある専用球技場のみならず、陸上競技場や体育館、テニスコート、相撲場などの運動施設が揃い、やまびこドームの中も人工芝の多目的コートになっていたりして、それでもまだまだ公園の一部。

自慢の四季折々の花畑とともに、自由に遊べる芝生の広場が随所にあり、目を見張る大型木製遊具と呼ぶ遊具建造物はやはり代表的。その周囲、また別の場所にも、遊具やアミューズメント施設があります。公園はある程度のテーマ別に、ゾーニングされています。

いつものように独自に撮影した写真を満載して、人気の遊び場へのお出かけに役立つようガイドします。広大な長野県松本平広域公園信州スカイパーク、それぞれのゾーンの概略や、この規模だからこそ知っておくと便利な、ゾーンごとのアクセスをみてみます。

さらにゾーンに点在する遊具については、別途特集編を用意して、見逃しなくすべてを楽しめるようにします。

子どもが大型遊具で遊べる松本平広域公園をしっかり解説!

長野県松本平広域公園信州スカイパークのゾーニングと遊具の場所
ターミナルゾーン(木製大型遊具を中心に遊具がいろいろ)
競技スポーツゾーン(スポーツ施設が中心ながらこども広場に遊具)
ファミリースポーツゾーン(大芝生広場に遊具とアミューズメント施設)
みどりの交流ゾーン(アルウィンのあるここにはサッカーシュート板が!)
みどりのプロムナードゾーン(園路沿いにバスケット、ウォール、壁打ちなど)
野と花のゾーン(迷園は迷路風の探索コース)
花のプロムナードゾーン(野と花のゾーンからターミナルゾーンへの園路)

信州まつもと空港に隣接するターミナルゾーン

ターミナルといっているのは、信州まつもと空港のターミナルビルのこと。隣接しているターミナルゾーンで、小さな地方空港のターミナルビルよりも、真っ先に目立つのはやまびこドーム

砂入りの人工芝が敷かれた内部は、いろいろな競技の屋内コートになる他、イベント会場としても使われたりします。

さらに近くの修景池では、高さを変化させながら吹き上がる噴水を眺められます。

信州スカイパークでの遊びの目玉となる、大型木製遊具があるのもここターミナルゾーン

この円形の遊具建造物には、25の遊びが仕組まれています。中を冒険すれば、思ったよりも複雑な構造に感じるハズ。

塔に登れば眺望が開けて圧巻! とはいえそれでも、まだまだ広大な公園の全貌を掴むことはできないのです。

さらに滑走路側の展望台のある丘には、ターザンロープとザイルクライミングが置かれています。

やまびこドーム側の林間スペースには、ちょっとしたコンビネーション遊具と、フリースローで遊べるバスケットゴール、ジャングルジム、スプリング遊具もあります。

ターミナルゾーンの遊具での遊びについて詳しくは、関連記事をご参照ください。

関連記事:子どもと楽しむ信州スカイパークターミナルゾーン大型遊具徹底解説編

立派なスポーツ施設が並ぶ競技スポーツゾーンにはこども広場も

滑走路の東側になるターミナルゾーンとは反対側、西側に向い合せになっているのが競技スポーツゾーン。球技専用競技場となっているアルウィンとは別に、スタンド付きの陸上競技場、体育館などがあります。

他にテニスコートや相撲場、マレットゴルフコース、スタンドはない球技場や陸上の補助競技場もあります。ちょうど補助競技場と、隣合わせであるのがこども広場。陸上競技場正面付近の大きな駐車場(1号P)とは違い、見逃しがちな目立たない小さな駐車場の隣でもあります。

質感だけを模造したもの含めて、木をモチーフにしたコンビネーション遊具とアスレチック遊具、ターザンロープで遊べる一画が、芝生の広場と共に隠れている感じです。

陸上競技場からは反対側にあたり、隣の駐車場も分かりにくいです。ゾーンの名前からして見逃しがちなところに注意です。詳しくは大型木製遊具をクローズアップした記事とは別に、関連記事をご参照頂けるようにします。

関連記事:子どもと楽しむ信州スカイパーク遊具探索編

遊具とアトラクション施設のあるファミリースポーツゾーン

競技スポーツゾーンと同じ滑走路の西側に、ファミリースポーツゾーンがあります。滑走路の南端を見渡すようにして拡がる大芝生広場には、これまたコンビネーション遊具やアスレチック遊具、ターザンロープなどがあります。

さらに本格アスレチック設備が7つあるアスレチック広場を挟んで、南管理棟周囲におもしろ自転車広場パターゴルフコースなどの有料アトラクション施設。

南管理棟で貸し出される道具で遊ぶ、いく種類かのゲームコートや、一般道を挟んだところに、グランドゴルフコースもあります。ファミリースポーツゾーンの遊具も信州スカイパーク遊具探索編で詳しくガイドします。

アルウィンのあるみどりの交流ゾーンでは水の流れに注目

滑走路の北側の園地はみどりの交流ゾーン。北端の西側にはアルウィンがあるゾーンです。広いフリースペースのふれあい広場の他、マレットゴルフのコース、サッカーなどにピッタリの芝生グランド芝生広場多目的広場があります。

駐車場の隣にはサッカーシュート板、自由に使えるバーベキュー広場の横には、遊具というか展望台というか微妙なものがひとつ。滑り台らしきものがついているのです。

芝生で自由に遊ぶ以外に、このゾーンで注目したいのは水の流れ。松本盆地は安曇野の湧水が名高い場所ながら、松本平となるこの周辺だってきれいな流れには恵まれています。公園としても壁泉円形流れ、どちらも立ち入りは特に制限していないとのことです。

みどりのプロムナードゾーンの園路沿いにスポーツ施設

ターミナルゾーンからみどりの交流ゾーンに向かう園路になっているのが、みどりのプロムナードゾーン。ストリートバスケットコート、クライミングウォール、壁打ちテニスが園路沿いに並ぶ場所です。

野と花のゾーンの迷園はあくまで迷路風なだけ

滑走路の南側は野と花のゾーン。見事な花畑の近くに迷園と呼ぶ場所があります。迷路風の場所ながら、そのように明言しないのもさもありなん。

通路を隔てる木は並んではいますが、通り抜けることも見通すこともできます。あくまでそれ風な場所なだけです。

松本平広域公園を訪れるには(アクセスについて)

住所:長野県松本市神林5300(アルウィン)
連絡先:0263-57-2211(信州スカイパークサービスセンター)
参考住所:長野県松本市大字空港東8909番地(信州まつもと空港)

公園は松本市(北側)と塩尻市(南側)に跨っています。空港ターミナルの正面すぐ南で、滑走路の地下を道路が横断しており、ガードの西側の出口付近はちょうど境界で、競技スポーツゾーンファミリースポーツゾーンを結ぶ歩行者用の園路があります。

南側のファミリースポーツゾーンは、大芝生広場に続きここは塩尻市。利用者にとってはどうでもいいことながら、競技スポーツゾーンは、ガードをくぐる一般道でなく園路を境にしているため、道の南側にも食い込んでいます。

市の境界もこのゾーンに沿っていて、食い込んでいる松本市のほうはやまびこ国体の森。芝生のほうが塩尻市で、森の中は松本市という訳です。ただし、ピクニック広場はその森の中で、芝生の広場になっていて隣が3号Pです。

長野自動車道路の塩尻北I.Cから公園はすぐ。信州まつもと空港への案内に従うと空港東交差点から、空港入口交差点に到着します。この東の方向から直進すると、ふたつの市境のガードです。この辺りからは空港の管制塔や、やまびこドームが見えるはずです。

やまびこドームのほうへ右折すると、ターミナルゾーン関連の駐車場を目指せます。直進したガードの先すぐを右折でき、そこがこども広場脇の2号P。さらにまっすぐ行った空港西交差点に森の中の3号Pがあり、他の目的地へは右か左に進むことになります。

そもそも信州まつもと空港まで、飛行機で訪れるのはどうなのでしょうか。空港は隣ながら、就航しているのは大阪、札幌、福岡便のみ。ダイヤが宿泊を前提にした感じです。宿泊先なども考えると、公園利用に便利とは思えません。

関連リンク:信州まつもと空港時刻表

【自動車を利用する場合】

駐車場:無料(1号~14号、玄関前、体育館前)

公式サイトからの引用
長野自動車道 塩尻北ICより [約4km]
総合競技場(サンプロ アルウィン)まで約15分
やまびこドームまで約10分
陸上競技場まで約15分

最寄インターチェンジ:長野自動車道塩尻北(約4 km)

大型木製遊具周辺を目指す場合は、ターミナルゾーンの駐車場(8号P普通車179台、9号P普通車72台、10号P普通車163台)を探します。

滑走路北端東側の園路エリア、みどりのプロムナードゾーン11号P

ウォールや壁打ち、バスケットゴールのあるみどりのプロムナードゾーン11号P(普通車42台)も、大型木製遊具周辺には穴場です。隣の松本市今井プールターミナルゾーンの入口。プールの駐車場もあります。

南管理棟のところには4号P(普通車130台)があります。ファミリースポーツゾーンには他に5号P(普通車56台)があります。

国体の森の中になる3号P(普通車191台)は、実は大芝生広場の隣です。大芝生広場は臨時駐車場となることがあり、ならばここの遊具には最寄。3号P4号P同様近いことになります。

2号Pは信州まつもと空港ターミナル、滑走路向かいの正面辺り

こども広場利用に便利なのは2号P(普通車85台)。競技スポーツゾーンにあっても、陸上競技場付近の1号P(普通車543台)が最善ではないことに注意です。なにしろこども広場の芝生エリア真横が2号Pです。

みどりの交流ゾーン12号P(普通車91台)はバーベキュー広場の隣。西側のアルウィンにも、公園北側のこのエリアを横断するようにして向かえます。水の流れがきれいなところです。

迷園周辺となる公園南側の野と花のゾーンには6号P(普通車213台)があります。

陸上競技場前の1号P普通車543台、こども広場に行けなくもない場所

信州スカイパーク全体としては、16ヵ所の駐車場があります。2000 mの滑走路を取り囲んでいる公園です。目的地によって使いやすい駐車場は決まってきます。

ちなみにアルウィンの最寄は玄関前P(普通車18台)と14号P(普通車163台)です。遊具やアミューズメント施設で遊びたい場合には、どのスペースを目指すにしろ、どちらの駐車場も敢えて選ぶ場所ではないです。

【公共交通機関を利用する場合】

公式サイトからの引用
JR松本駅より [約9km]
松本バスターミナルにて、アルピコ交通路線バス「空港・朝日線」乗車
総合球技場(サンプロ アルウィン)へは「神林」停留所下車(乗車時間約20分) 徒歩25分
やまびこドームへは「やまびこドーム前」停留所下車乗車時間(乗車時間約25分) 徒歩5分
競技スポーツゾーンへは「信州スカイパーク・体育センター」停留所下車(乗車時間約30分)
JR塩尻駅より [約9km]
駅前よりタクシーで約25分

最寄駅:JR篠ノ井線(中央本線直通)広丘駅約2.5 km

松本空港入口停留所は公園が目の前、コンビニエンスストアも!

最寄バス停留所:(JR篠ノ井線松本駅近く松本バスターミナルよりアルピコ交通)
すべて空港・朝日線上今井行
木製大型遊具に行く場合(同路線で松本駅より近い順)
やまびこドーム前停留所
信州まつもと空港停留所(松本バスターミナルとの直行バスもあり)
松本空港入口停留所

アスレチック遊具に行く場合
信州スカイパーク体育センター停留所

こども広場に行く場合
松本空港入口停留所
信州スカイパーク体育センター停留所

信州スカイパーク体育センター停留所は3号P横、空港西交差点付近

公式に案内される松本駅と塩尻駅は、ほぼ同距離となります。ただし、どちらも徒歩で向かうような距離ではありません。バス便を利用したいならば松本駅(松本バスターミナル)からになります。厳密な意味での最寄駅は広丘駅で、野と花のゾーン入口広場まで約2.5 kmになります。

まとめ:大きくてきれいな公園、散策を楽しむ以外に目的があるならば事前に検討を!

ただ公園に辿り着くだけならば、信州まつもと空港を目指せばいいです。隣接する信州スカイパークターミナルゾーンは、大型木製遊具のある場所。遊びの面でも、主な目的は達成できます。また、空港は食事の目的でも利用できます。

ただし、まだそれ以外にもお楽しみはあります。見逃しがないようにするためにも、事前に検討はしておいたほうがよいでしょう。とにかく規格外のスケールとなる公園です。

公式サイト:長野県松本平広域公園信州スカイパーク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。