子どもと無料で楽しむ聚楽園公園(しあわせ村)【愛知県東海市、人気の遊び場】

今やすっかり名古屋名物となったものと関係のある公園です。その背景には複雑な事情やドラマもあるとはいえ、象徴的なものが聚楽園大仏。そして大仏そのものも、東海市の名物のひとつになっています。

名古屋名物誕生の裏話で、主役になる男がかつて住んでいたのが聚楽園(しゅうらくえん)。大仏もその実業家の私財で作られたものです。子どもと遊びに出かけて「ここはいいな」と思える場所をご紹介しています。

大きさならば鎌倉のものをしのぐ大仏が鎮座する聚楽園は、現在では東海市の公園となっています。大型遊具で遊べるほか、温浴施設とレジャープールも利用できるしあわせ村が1997(平成9年)に加わって、ちょっとしたレジャースポットになっています。

聚楽園公園から架けられた花の道の歩道橋

また、聚楽園公園平洲と大仏を訪ねる花の道として整備されて、東海市の中で位置的にも、市役所など公共施設の集まる場所として機能的にも、街の中心としての役割を担う一連のスポットに含まれています。

関連記事:子どもと無料で楽しむ花の道と遊べる市役所特集編

子どもの遊び場としても、大人も含めてレジャーや憩いの場としても注目の公園を、いつものように独自に撮影した写真を満載して、人気の遊び場へのお出かけに役立つようガイドします。

子どもが大型遊具で遊べる聚楽園公園をしっかり解説!

聚楽園公園(しあわせ村)にあるもの
聚楽園大仏
遊び場・広場・自然園等
ヤカン池
トリム広場
見晴らしの丘
花の広場
ふれあいガーデン
ハーブ園
水辺の生態園
子供の森
キャンプ場
しあわせ村関連施設
健康ふれあい交流館
レストランしあわせ村じゅらく
保健福祉センター
茶室嚶鳴庵

トリム広場へ向かう芝生の斜面の遊具

聚楽園公園の大型遊具を代表するのがローラー滑り台。こういったものは、平洲と大仏を訪ねる花の道ではここだけ。ほんとうはこのエリアに含めてもいいと思える、池下公園のものとはまた趣を違えて、それぞれエリアの南北で魅力を引き締めています。

関連記事:子どもと無料で楽しむ池下公園

花の道を構成する公園の中では、大きめのふたつが大池公園と共に聚楽園公園でもあり、中心に目立つ池があることは、ふたつの共通点です。聚楽園公園ヤカン池に向かう、芝生の斜面に大型遊具は設置されています。

関連記事:子どもと無料で楽しむ大池公園

ローラースライダーは、聚楽園大仏のある大仏の丘の近くから出発です。

斜面に沿って設置される地上高はないタイプ。大きくカーブしているのが特徴になります。

スライダーのスタート台と繋がる板張りのスペースには、ネットの道が続いています。

ネットをよじ登って、乗り越えてみてもよいです。けれども大抵はリングトンネルを使うことになりそう。そしてもちろん、どこをどちらに抜けても何ら問題ないとはいえ、ひとつの典型的なアイディアとなるコースはあります。

このネットでできた道は、ローラースライダーを滑り下りた辺りを、少し上ったところから始まっているというふうに解釈もできます。もっと斜面下に向かうと、トリム広場。そこまでの下りルートに使うのも、もちろんよいでしょう。

このネット遊具の一端に来たならば、ふたつの円形の足場が重なる搭のようなものに上ってみるというのも、これまたひとつの趣向です。

ふたつの小搭の少し上には、円形をした木張りのデッキがあります。この台場は無視して、横のネットをどんどん進むのも自由。上って進めば先は、ローラースライダー脇のリングトンネルのところです。

デッキに立ち寄ってみるならば、真ん中に空いた穴は気になるでしょう。

無理やり乗り越えてみてもいいとはいえ、あまり上るものでも、下りるものでもなさそうです。隙間はないので円柱形の柱は通らないで欲しいという意思表示のほうが強そう。

デッキの先では、リングトンネルを抜けるなり、そのままスルーして地面に下りても、ロングスライダーにたどり着けるようになっています。

トリム広場には6種類の体力増強のための遊具

ローラースライダーの終着点のところ、斜面をおりてヤカン池に至る間の平坦地には、トリム広場があります。体を鍛えるためという雰囲気の強い、健康遊具のようなものが並んでいます。

健康器具でなく健康遊具? という疑問が付きまとうことが多いこの手のコーナー。聚楽園公園の場合はどうでしょうか? ラダーポールは片側は相当高くまで腕力で上っていくユニークなもの。

スカイラダーは、ごく一般的な雲梯です。

平均台も3つが組み合わされる豪華版ながら、形状は一般的。これはとても遊具っぽいです。いや、そのものと云ってよいものです。

腹筋ベンチという名前からして、本来の使い方は分かります。子どもにとっては格好の斜面? 足を掛けるのものですからいずれにせよ、まずは上らねばならないでしょう。

ハンガーラダーはつり輪を渡るものです。隣につり輪という名前の似たものもあります。

何が違うのかといえば、つり輪はふたつを使ってぶら下がるもの。従って高さの違いで3つあるということになります。全身のストレッチ、可能ならば懸垂をして鍛えると、看板に書いてあります。

この6つのある隣は、斜面の水の流れを受け止める場。

ヤカン池側には、水域に架かるデッキも渡されています。

さらに、まさしく健康器具といったものも並んでいます。

池のデッキの一端からふみふみロードを経て、

健康ふれあい交流館を囲むように続いています。

子供の森は街の公園として機能

聚楽園公園の一部ながら、まさしく街中の公園の雰囲気の子供の森。公園の北の端にある、ここにたどり着くためには園路はなく、一般道を使うしかないのです。

小さな複合遊具と、スプリング遊具があるこの場所、見た目だけでなく実質ひとつの街区公園のように機能しているようです。

しあわせの村はレジャースポットの雰囲気、レストランもあり

具体的にしあわせ村施設となるのは、健康ふれあい交流館健康福祉センター。いろいろな目的の貸室があり、イベントなども行われる健康福祉センターとプール・温浴施設とレストラン、トレーニングルームが利用できる健康ふれあい交流館

利用は有料となります。市では嚶鳴庵の抹茶での一服を含めても、総額910円とアピールしています(プール共通利用料500円+トレーニング室110円+抹茶代300円)。プールと温浴施設は10時から、その他は9時から21時まで利用できます。

プール設備はスライダー設備もあるスポーツプール子供、幼児プールの2種類。スライダーは、建物の外に大きく張り出すスケール。ただし、外に出ている部分はトンネルなので空が見える訳ではありません。

温浴施設部分には14種類の設備があります。水着、キャップ、ゴーグル、タオルセットは有料でレンタルできます。

プール営業時間:10時~21時(祝日以外の第2、4月曜日は17時まで)
プール休業日:第1、3、5月曜日(祝日の場合は翌日)

ガーデンレストランしあわせ村じゅらくはじっくり食事を楽しめるレストランです。

しあわせ村じゅらく
営業時間:9時~17時
休業日:月曜(祝日の場合は翌日)

聚楽園大仏と聚楽園、嚶鳴庵と守口漬

同じ施設管理者が管理しているという意味で、しあわせ村の施設に分類される嚶鳴庵(おうめいあん)。健康ふれあい交流館などとはヤカン池の反対側にあります。料理旅館だった聚楽園の建物跡地に建てられた茶室です。

ここは聚楽園大仏の建立者である、山田才吉さんの住まいでもありました。現在の喜多福總本家の元になる店を1882(明治15)年に創業し、守口大根味醂粕漬を考案した人でもあります。

つまり昭和天皇ご成婚記念となる聚楽園大仏は、主に守口漬を販売した資金によって、1927(昭和2)年に開眼供養されたことになります。守口漬の守口とは守口大根を利用することからきています。

守口大根は非常に長く伸びる(つまり根を張る)大根。2013(平成25)年には世界記録認定のため、一般的に栽培している長さを超えたものに挑戦して、191.7 cmとすることに成功しています(一般的には100~120 cmを目安に栽培)。

守口大根の性質から、生産できる土地は限られることになります。現在の産地はほぼ愛知県扶桑町と岐阜県岐阜市に限られています。木曽川沿いの砂壌土の地域で、柔らかな大地が生み出す特産品になっているのです。

ただ、守口漬の守口とは大阪の守口のことです。こうした細長い大根があったとされますが、現在ではなくなっています(復活の取り組みはあるとのこと)。同じような形の岐阜にあった美濃干大根を、それまでの守口漬とは違う製法で商品化したのが山田才吉さん。

守口大根味醂粕漬が、それまでの守口漬に代わって守口漬と呼ばれるようになり、いまではすっかり名古屋の名産品として名声を確立しています。こうした経緯で岐阜の大根も守口大根といわれるようになりました。

嚶鳴庵営業時間:10時~16時
休業日:月曜(祝日の場合は翌日)
利用料金:1服お茶菓子付き 300円

キャンプ場は無料で利用できるスペース

公園管理事務所、または健康ふれあい交流館で事前許可を受ければ、費用も必要なく利用できるのが聚楽園公園キャンプ場です。食材、用品等の用意から片付けまで完全セルフ制になっています。炉以外にもキャンプファイヤーまで(消防署への届け出のうえ)可能ながら、直火の使用だけは禁止になっています。

聚楽園公園を訪れるには(アクセスについて)

住所:愛知県東海市荒尾町西廻間2番地の1
連絡先:
052-604-2034(公園管理事務所)
052-639-1600(しあわせ村健康推進課)

公式サイトからの引用
名鉄電車「聚楽園駅」下車、東へ徒歩5分
市循環バス運行時間帯(9時から17時)は、市循環バス「しあわせ村」下車すぐ

【自動車を利用する場合】

駐車場:無料(200台)
駐車場利用時間:8時25分(開錠)~21時30分(施錠)

しあわせ村駐車場

駐車場は健康ふれあい交流館のところにまずひとつ。

嚶鳴庵、キャンプ場方面駐車場

公園の東側中央付近にもうひとつあります。大型遊具のある付近に行くならば、どちらを選んでもさほど距離は変わりません。

最寄インターチェンジ:伊勢湾岸道東海

東海I.Cのすぐ近くです。とはいえこのI.Cは伊勢湾岸道のみならず、無料の西知多産業道路(国道247号)や、名古屋高速含めたJCTでもある大きなインターチェンジです。そのためどの方面から、どの道路を使ってきているのかによって最適なルートが変わります。

分かりやすいのは西知多産業道路に出て、荒尾I.Cを東(海と反対方向)に曲がる道でしょう。ただしこの道の場合も立体交差している坂道を上った先、アピタ東海荒尾店のところで左折しなければならないのに注意が必要です。

【公共交通機関を利用する場合】

最寄り駅:名鉄常滑線聚楽園駅(駅前に公園入口あり)

駅前からは聚楽園大仏に向かう、歩行者用坂道への入口があります。遊具には一番近い道となり、しあわせ村施設に向かうにしろ、駅のところにある踏切から続く道路を経由しても、ほぼ同じくらいです。

坂を上るのが辛いなという場合は、聚楽園駅から東海市のらんらんバスを利用してもよいです。運賃は一律100円(小学生以下無料)になっています。

中ルート、北ルートともに利用可能ながら、北ルートは巡回しているためしあわせの村から乗車した場合、駅に向かわないことがあります。聚楽園駅はしあわせの村停留所からは隣の停留所なので、しっかり確認が必要です。

まとめ:どちらかといえばレジャースポット色の強い公園

大きな大仏を拝観したり、キャンプ場など遊具のみならず無料の楽しみはあるものの、しあわせ村の利用が主な目的になりそうな公園です。その場合は格安とはいえ有料となります。

それでも平洲と大仏を訪ねる花の道の一角として、ゆったりとエリアを巡る中では、聚楽園公園の遊具もまた、大池公園池下公園の遊具とは違った個性があるといえます。

公式サイト:東海市 しあわせ村・聚楽園大仏