子どもと無料で楽しむあけぼの子どもの森公園【埼玉県飯能市、人気の遊び場】

大人の心にも響く隠れ家というキーワード。知る人ぞ知る「隠れ家」なお店、連れて行ってもらえるならば、それは心踊る体験に! 秘密基地に見立てた場所でかくれんぼをしたり、刺激的な環境で遊具やゲームに頼らなくてもワクワクする時間になるとしたら、そんなことが原体験になるのかもしれません。

子どもと遊びに出かけて「ここはいいな」と思える場所をご紹介しています。埼玉県の飯能市にあるトーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園は、とてもファンタジーなスポット。子どものための公園なのに、ここには体を使って遊ぶいわゆる遊具は用意されません。

遊具のある公園は沢山あります。逆に遊具のない公園では何をするの? とふと疑問に思いかねません。それは遊具のない公園で遊ぶことが、なかなか体験できないレアなものだからでもあります。

実際には想像力を刺激するきっかけさえあれば、子どもは何でも遊びにしてしまえます。そんな子どもに備わった天然の力、目覚めさせる環境こそ、ズバリ! あけぼの子どもの森公園の狙いでしょう。

得難い体験が、話題を呼んでいるスポットです。紹介されることも増えています。今回は他ではあまり触れられていない、あけぼの子どもの森公園の遊び方、実は遊具でも遊べる方法まで、徹底的にご案内したいと思います。

子どもがファンタジーに身を包むあけぼの子どもの森公園をしっかり解説!

公園の中を切り取った写真だけをみれば、一見相当な山奥でもあるかに思えます。実際には市街地のすぐそば。飯能市の入間川沿いの、運動公園に隣接しています。

隣の阿須運動公園には体を動かす遊具も!ふたつは一体のようなもの

市民体育館や市民球場、さらに珍しいものとなるホッケー場などがある阿須運動公園。さらに橋で道路を渡った河原には、コンビネーション遊具とネット遊具が並んでいます。あけぼの子どもの森公園はファンタジーの色濃い内容で、もしかして入場料が必要? と心配しそうなくらいです。けれども、どちらも無料で遊べます。駐車場も共有されていて無料です。

街のすぐそばに残された自然を有効利用

すぐそこは市街地とはいえ飯能市は奥多摩の近く、今は埼玉県ながら、かつては武蔵の国でした。ここには関東山地から連なる、豊かな自然が残っています。あけぼの子どもの森公園でも、そんな自然が生かされています。

斜面に設けられたデッキを登っていくと、園内を見渡せます。同時に反対側には、市の背景となっている丘陵地の自然が、そのままになっています。

のぞき窓のあるユニークな鉄のトンネル橋を渡るあたり。そこには、自然の現実を思い知らされる警告があったりします。

ゲームで出くわすモンスターではないのです。意味もないのに襲い掛かって来たりしません。こんな生き物への対処も、学ぶきっかけがない生活をしている子ども、都市圏では沢山います。

自主性や、さまざまな体験による成長を意図とした公園です。危険の存在と、対処法を学ぶというありかたが伝わってきます。

メインとなる建物は「暖かさ」を感じられる家をイメージ

まさしく屋上緑化の、最新のエコロジーハウスのようです。屋根は完全に自然素材。季節には緑色に染まるのです。この建物はきのこの家と名づけられています。

園内の散策と共に、メインステージとなるこの奇妙な家、なかなか楽しい仕掛けが詰まっています。どんな楽しみがあるのか、しっかり見てみましょう。

土足厳禁はまさしくお家

表がわの玄関はこちら。ワンフロア下になる裏側の入口もあります。

水場になっている裏口。いずれにせよ靴を脱いであがります。

どちらからでも土足では入って行きません。

建物の中はぐるりと階段を登っていく、塔のような構造をしています。

これは楽しい!おままごとの世界が出現

まずはおままごとができそうな雰囲気。あくまでお家の中が再現されています。

ほんとうに我が家みたい? それともこんなにおしゃれじゃあない?

窓の形もユニークです。手すりなども凝った造形。全体的に曲線が主体のデザインです。

かくれんぼがしたくなる!いろいろ気になる部屋の中

中にはちょっと気になるようなところが、いっぱいあります。

かくれんぼするならこれ以上ないお家! それだけでも住んでみたくなるのかな?

考えようによっては、遊具みたいなものです。でも先が滑り台とかにはなっていないのでちょっと違うニュアンスです。中に入ってどうなっているのか確かめてみるだけです。ここにあるのは刺激的な結果をもとめるのではなく、探索する過程を喜ぶ哲学です。

とはいえ思わぬところに抜け出たりはします。

実際に見て確かめて欲しいのはこんな趣向

これはミニチュアです。素材が同じなので写真だと間違うのでは!

どのくらいの大きさかというと、自分が巨人になったと感じるくらいの絶妙な大きさ。

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園きのこの家のミニチュアこれもミニチュア

実は冒頭に掲載したこの写真もミニチュアです。気づいた方は鋭い!

さらに上に向かうと表れるのはまた違う世界観

途中の扉をあけてみると、あけぼの子どもの森公園らしい、冒険心を刺激するコースもあります。

外階段に通じていて、ちょっとドキドキします。もう結構高いところです。

登っていけば上の階にちゃんと通じています。

最上部は大人が付添って!

いよいよ改めて注意を喚起される最上部への道です。

細い通路で最上部をぐるりと巡ります。

建物の中を見下ろせますがなかなか良い眺め? いやいや手すりとかも簡素なのでなかなかスリリング。

実は刺激も充分な建物だったのですね。ここから足を踏み入れるのはちょっとした決意!?冒険心が掻き立てられますが、ちょっと躊躇もします。

手すりも通路も子供サイズ。だから大人ほどは、危機感を感じないのかもしれません。

子どもは元気に進んでいました。ぐるりと一周して冒険は終了です。

入口のおままごと感からは、想像できない刺激がありました。ファンタジーな雰囲気に、ほっこりするだけでは済まされない建物です。

モチーフになったものが展示される異形の建物もあり

他の建物も見てみましょう。こちらも異形といえば異形。展示館になっています。入口で靴を脱いで入ります。

子どもよりも大人のほうが分かるでしょう。かつてはTVでもアニメ放送をしていて、とても人気があった、ムーミンの展示があります。

ムーミンは北欧のトロールがモデル。伝説の生き物とムーミン童話についての解説が並んでいます。ムーミンシリーズの作家トーベ・ヤンソンさんのふるさと、フィンランドと作品の雰囲気がモチーフになっていたのですね。

ムーミン展示館の2階は、読書コーナーになっています。児童書、絵本もあります。ここでのんびり読書をして過ごすのもよさそうです。

壁を見ると分かる通り、この建物は丸太小屋です。自然なぬくもりがいい雰囲気なだけでなく、実はとても贅沢な空間です。江戸時代からのブランド材となる、西川材で作っています。飯能を含めた入間川、高麗川、越辺川といった荒川支流の流域の材木を、西川材といいます。

この流域を西川林業地というのは地名ではなく、江戸の西のほうから川で運んでくるという意味。強度の高さが折り紙つきの檜、杉が特徴です。西川材は家具や建具などもあります。大切な服やカバンをしまうのに、西川材の製品を検討してみたくなる空間です。

管理事務所棟もらしからぬ外観、トイレなどはここ

入口近くにある管理事務所棟も、ファンタジーな雰囲気を湛えています。トイレはここにしかありません。園内はそれほど広くないので、困ることはないと思います。ここを覚えて置いてください。

1階は立ち入りできるのはトイレのみです。それにしては広いのですが…

キレイでうれしいトイレです。これも西川材でしょう。自然なぬくもりあるのもいい感じ。

多目的トイレも、もちろん備わっています。赤ちゃんと一緒でも全く問題なし。

チャイルドシートが備わり、自分が用を足すのに困ることもありません。

そしてオムツ替えも…、問題ありません。しかも、ここはちょっと趣向が違います。子どもをベルトで固定するタイプではないです。固定してあるのは敷物のほう。

あまり見ない設備です。これはやはり優しい感じがします。2階にもトイレがあり、やはりこの座布団が引いてあるスペースがありました。

面白いデザインの管理事務所棟は、2階建てになっています。屋根に載っているのは魔物ではなく! 妖精のようです。

上の階は自由に遊べるフリースペース。ドーム屋根で風通しもよい空間。日差しが気になる季節は特に快適に遊べそうです。

こちらの管理事務所棟も1階、2階とも靴を脱いで利用します。スタンプラリーや定期的に開催される遊びイベントでは、このホールを利用。

イベント内容はフェイスブックで確認するようになっています。

関連リンク:あけぼの子どもの森公園フェイスブック

ゆっくりと散策したい園内には他の楽しみも

よく見てみるとちょっとした刺激もあるのが、あけぼの子どもの森公園だと分かって頂けたことでしょう。とはいえ、やはり異次元な世界に浸るのが楽しい場所です。いろいろな形のベンチを見つけて座ってみる、さわってみるのもいいでしょう。

どれもこれも、当たり前の形はしていません。こんな体験でも、きっと子どもの心の中では、刺激がうず巻くことになるでしょう。

水浴び小屋があります。湖に浮かぶこういう異国の建築物。よく知られたものはムーミン童話で、ムーミンパパがつくったものです。ここは靴をはいたまま入れます。ただ中は見た通り広くありません。池の景色を眺めるだけです。

樹上の家という木で組まれたものです。名前とは違い、物見砦か何かのようにしか見えません。大した高さではなく、景色がよい訳でもないです。ムーミン谷ふうな演出とアスレチックな目的。

ただし、簡単な階段とはいえません。こんな感じで甘くないのが、あけぼの子どもの森公園らしいところ。「遊び場を挑戦の場、冒険の場として子どもの成長に結びつける。」ファンタジーな雰囲気のあけぼの子どもの森公園の目的は、こうだといいます。

その中で安全を確保するために、保護者の見守りが大切との考えです。もちろん大きな事故につながる危険は取り除くとしています。

道を隔てて普通の遊具広場も

あけぼの子どもの森公園の魅力は分かるけれども、うちの子はやはり遊具で遊べないと不安! という方がいらっしゃるかもしれません。実はそんな場合でも何の問題もありません。

道路を隔てて入間川の河川敷には、それなりの規模の遊具広場があります。ザイルクライミングもツイン仕様です。

あけぼの子どもの森公園は国からの指定事業として、平成9年7月に開園(事業者は飯能市)したという事情があります。市民体育館や球場、飯能市イチオシのホッケー場、そして遊具があるのは、阿須運動公園ということになっています。

設立の経緯が違うために違う名前がついています。ただ利用者目線からしたら、それぞれ同じ公園の一部だと考えて何も問題はありません。公園名が違うことで、使い勝手にも一切影響は出ていません。

道路で隔たっているといっても、この滑り台遊具の後ろに見える坂を登ったところに、橋が架かっています。

名前はあけぼの橋。安全に遊具広場と、あけぼの子どもの森公園側を連絡します。

橋を渡ればあけぼの子どもの森公園の入口のある、市民体育館前の駐車場です。

むしろ市民体育館の中の施設を有効利用した方が、あけぼの子どもの森公園の利便性も高まるでしょう。

あけぼの子どもの森公園の敷地へ向かう坂道。その途中に自動販売機があるとはいえ…

園内にはレストランはもちろん、売店もありません。

だからこそ、市民体育館の中の休憩スペースなどを有効利用したいものです。

あけぼの子どもの森公園を訪れるには(アクセスについて)

住所:埼玉県飯能市大字阿須893-1
電話番号:042-972-7711
開園時間:9時~17時
休園日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月28日~1月4日)

バス便は不便なため、自動車の利用をおススメします。自家用車を使わなけば、タクシーを利用せざるを得ません。ただし大人が歩けない距離ではありません。

【自動車を利用する場合】

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園の駐車場、飯能市の市民体育館と共用市民体育館横の駐車場

駐車場:無料

阿須運動公園駐車場を共用します。入間川の河川敷側よりも市民体育館脇が、あけぼの子どもの森公園入口に隣接して便利です。

飯能市市民体育館裏にも駐車場があります市民体育館裏の駐車場
最寄インターチェンジ一覧表
高速道路路線名 インターチェンジ 所要時間
圏央道 日高インターチェンジ 20分程度
入間インターチェンジ 20分程度
関越自動車道 川越インターチェンジ 50分程度

圏央道の利用が便利な地域です。

阿須運動公園の遊具広場駐車場も利用可能道路を渡った河川敷の遊具広場横駐車場

【公共交通機関を利用する場合】

最寄駅:西武池袋線元加治駅徒歩20分(1.6 km)

当地から3.7 kmほど離れた飯能駅(西武線)、東飯能駅(JR八高線)を起点として市内にはバス便があります。しかしながら、あけぼの子どもの森公園がある市民体育館周辺への路線はありません。最寄りバス停までの距離よりも、元加治駅までの距離のほうが近くなります。

まとめ:異次元のファンタジーがこんなに身近に!

飯能の市街地はすぐそこ。市民体育館、球場に隣接していて深山に分け入る訳ではありません。それでいながらあけぼの子どもの森公園に一歩踏み込めば、たちまち異次元の世界が現れます。ファンタジー溢れる景色に入りこむのは、まるで魔法にでもかかったよう。

こんな童話の世界で子どもに見えているのは、大人以上のものに違いありません。異次元の世界観に心躍らせている姿を見られるスポット、なかなかあるものではないです。

公式サイト:あけぼの子どもの森公園