子どもと無料で楽しむ堤通公園【東京都墨田区、人気の遊び場】

意外なこと! をみつけられるところが特徴になるでしょう。墨田区にある堤通公園は、墨堤通りという主要通りに面していながら、実はほとんどの園地はもっと奥のほうにあったり。

立地状況がために、屋根がかかる部分も広く、全天候型の遊び場になっていること。いろいろな遊具や遊びが揃っているのが、公園の規模の割には! というだけの説明では終わらなそうだったり。

子どもと遊びに出かけて「ここはいいな」と思える場所をご紹介しています。なんともさりげなく見どころがさまざまな堤通公園は、ハードコート2面のテニスコートと交通公園が中心の公園。

それにしてはといっていいくらい、コンビネーション遊具や、ちょっと古典的なテイストの飛行機型などの大型のものから、ちょっとしたものまで、遊具もなかなかの種類が楽しめます。

交通公園としての充実ぶりはいわずもがなで、その姿の一環としてといった形で、スケートボードを滑走できるスペースも作られています。さらに季節は限定ながら、じゃぶじゃぶ池も加わります。

この辺りを隅田川を見下ろすように高架で抜ける、首都高速6号向島線の上り側向島出入口のところにあり、園地は首都高速の高架下になっている部分も大きく占めているため、雨でも遊べる遊具もあります。

そうした感じで、ちょっとした見どころがいろいろ見つかる堤通公園を、いつものように独自に撮影した写真を満載して、人気の遊び場へのお出かけに役立つようガイドします。

子どもが大型遊具で遊べる堤通公園をしっかり解説!

交通公園で利用できるのは自転車、三輪車に(足漕ぎ式の)ゴーカート。交通標識や信号機もあって、自転車の練習もできる! といったところはこの手のものの標準的な形。さらに大型遊具があったり、じゃぶじゃぶ池やスケートパークも加わるといったところが特徴です。

交通公園のコース内に大型複合遊具

交通公園内には列車も走っていて、駅もあるという設定。隣はうみとやまという交通公園駅ということになっているのが、堤通公園の大型コンビネーション遊具です。

駅舎という設定になりそうな搭からは、すべり台が発進しています。地面からは潜り込むように搭に入り込むと小さい赤いほうを使えます。

搭の内部をみれば、そこから上っていくことはできません。もうひとつのうねって長い緑色のほうを滑るためには、外部からの別ルートを走破せねばなりません。

別ルートはそれなりの難易度で作られています。列車の装飾のある橋を上っていくためには隣の台場を使います。そこにはクライミングウォールでいくのがひとつ。

違う手段となると同じようにスロープで、今度は網で作られたもの。しかもいまどきのザイルというよりも、古典的な綱が編まれたものになっています。なので当たりは柔らか。

ほかに変則ラダーの壁渡りも接続されています。本体側と繋がる穴あきボードは、機能的に連絡部というよりも、行方を阻むものです。ここはここ! と割り切ったほうがよさそう。

ただし途中までの足場が、高さを変えて設けられているため、ここならではのクライミングの楽しみが、隠れているようではあります。いずれにせよ駅舎側に向かうためではないでしょう。

そしてもし、この台場だけで一端終わりと思ったら、大型コンビネーション遊具の都合3つめのすべり台、樹脂製のスパイラルタイプを使うのもありです。緑色のうねるほうにいくならば、橋を渡ることになります。

住宅街側の公園入口のところに飛行機型遊具

堤通公園の表だった入口は首都高速の向島出入口の脇にあり、とはいえそこをみただけでは、こんなにいろいろな遊びがあるとは到底思えない様相です。ただしもうひとつの出入口はまるで違います。

墨堤通りからは住宅街を進んだ先、恐らく誰でもがほんとうの堤通公園の入口はこちらといいたいようなところ、それも柵で囲われる手前には、大型の飛行機型遊具が置かれています。

これがなんであるかといえばラダー遊具の発展形、かつては大きな遊具であれば作るとしたらこんな手法? と思えるような遊具が置いてあります。

子どもと無料で楽しむ戸越公園【東京都品川区、人気の遊び場】よくぞここまで! とでもいいたくなるコンクリート製の大きなすべり台があります。東京都品川区の戸越公園といえば、見事な回遊式庭園で知られて...

コンクリートで作るのでもなければ、やはり鉄棒を組み立てるのはひとつの手法だったことでしょう。いまならいろいろやりようはある中、ジャングルジム含めてあまり流行らないほうの形になりそう。

それでもこの遊具はジャングルジムの変形版、遊び方からすればジャングルジムに準じたやり方が思い浮かびます。でもやはりこの形からして、シミュレーションをするのも楽しそう。

バーチャルリアリティがどんどん進む今の世界観で、こんな疑似体験で満足できるのか? そこのところは微妙ではあります。それでも遊び方の自由を担保する、古典的ともいえるこんな遊具が、堂々の存在感を示しています。

ほかにある遊具もいろいろ

ほかにもちょっとした遊具が堤通公園にはあります。住宅街側の入口側柵を入ったところ。夏にはじゃぶじゃぶ池になる部分のあたり。首都高速が完全に屋根代わりになっているところ。

パネル遊具が並ぶ一角があり、隅田川沿いの堤が高くなっている部分を利用しています。そのため、短いはんとう棒で上れるようもなっています。

階段、スロープでも上れる段の上には、数えながらステップを踏めるように絵も描かれています。台の両端にはスコープつき。少し位置は高いです。

ブランコは座板と座椅子のタイプがひとつづつで1基。エリアは明らかな砂場ではないものの、砂地とは呼べそうな地面です。

小さな動物の装飾がなされたすべり台と、リーフィーと呼ぶスプリング遊具などもゆったりと配置されます。


堤通公園の交通公園部分は柵で囲われていて、入口は住宅街側。目の前にはじゃぶじゃぶ池に使われる部分があって、周囲にまず幼児向けの小さなこうした遊具があります。

先は交通公園の施設とコース、一部はスケートパークとして使われて、途中に大型コンビネーション遊具があります。

囲いの中一番奥のほう、墨堤通りへ首都高速から向島出入口のほうに車が向かう分岐の下のところまでいくと、低い鉄棒の先にまた幼児向けの遊具が並んでいます。

分岐になっている一帯で敷地はひろがり、コースもぐるりと展開をみせる辺り。首都高速の高架からは外れるため、風雨には晒されることになります。

交通モチーフのミニハウス型のものが3つほど。他には乗り物をかたどるパネルが散在して雰囲気を作ります。

中には踏切があることを示すための、列車を描いたオブジェもあります。道路には線路のようなものが埋め込まれているものの、あまり踏切としては意識していないよう。

こうした幼児向け遊具が点在するところに、大きめの砂場もあります。交通公園部分全体が柵で囲われているため、砂場のために囲いはありません。衛生面はそれで充分でしょう。

健康遊具といった類のものは、もっと手前。大型コンビネーション遊具の、住宅街側入口方向隣に置かれています。

交通公園としての機能は?

たいてい交通公園とは、交通教育の一環として道路を模したコースがあって、乗り物は貸して貰えるようになっています。そしてふつうは電動やエンジン付きのものでない限り、無料で利用できるものです。

堤通公園でも事情は全く同じ。道路には標識や信号機が置かれて、貸してもらえるのは足漕ぎのゴーカート、自転車、三輪車といったところ。もちろんサイズはいろいろで、すべて無料です。

制限事項としては自転車・ゴーカートの利用は小学生、幼児には三輪車という原則になる模様。足漕ぎのゴーカートは案外力が要ります。30分交代で使って欲しいとの掲示もあります。

三輪車専用エリアも用意

また柵で囲まれた交通公園部分(ほとんどの部分)には、自分の自転車を持込むことはできません。三輪車には専用エリアが設けられています。

じゃぶじゃぶ池付近の土の地面のところには、ほかの足漕ぎのゴーカートとは違う、自由に使えるゴーカートがあります。これは保護者などが押してあげて、ステアリング操作を試してみるもののようです。

スケートパークはかなりの充実ぶり

交通公園施設を生かして、コース内にはスケート利用の部分が設けられるほか、ランプセクションも置かれています。利用は無料ながら少しルールが決めてあります。

ランプセクションの定員は4名まで、待っている人がいる場合は10分交代になります。混雑時には順番待ち用のボードを利用して、互いに譲り合ってとのことです。

主に乗り物貸出終了後、時間を区切って道路部分を滑走エリアとして開放します。エリアは初心者優先と一般に分けられます。一般エリアのところには移動型セクションが置いてあります。

一般滑走エリア:15時~19時30分(GW・夏休みは17時から)
初心者優先滑走エリア:17時~19時30分

乗り物と兼用で使うコースのため、セクションなどは片付けて欲しいと、お願いがされています。刺激的なスケートボードも、利用にあたって周囲との折り合いは必要。

子どもと無料で楽しむ世田谷公園【東京都世田谷区、人気の遊び場】大きな噴水を目の前に誰もがくつろげる世田谷公園では、子どもは遊具で遊ぶほかにもミニSLに乗ったり、ミニカートを運転したり、プレイパークで...

交通公園のところにスケートボードの施設ができるのは、世田谷公園などでも例がみられます。墨田区でも暫定利用という姿勢を崩さず、慎重に対応している模様。

ただランプセクションは、あとから追加されたものでやる気は充分です。ランプセクションの利用も、スケートパーク時間内のためご注意ください。

じゃぶじゃぶ池も季節には稼働

ほぼ7月~9月の間、夏休みをカバーして稼働するじゃぶじゃぶ池は、季節限定ながら堤通公園のもうひとつの楽しみ。テニスコートもあることから、更衣室とシャワー設備もあります。

テニスコートはハードコート2面

2017(平成29)年の公園リニューアル時に整備されて、よい状態を保っているハードコート2面が、交通公園として囲われた中に設置されています。管理は区役所のスポーツ振興課(03-5608-6588)です。

利用方法:
区内各施設(13施設)に設置の利用者操作端末
墨田区公共施設利用システム(インターネット・携帯電話)

屋根付きという特徴を生む首都高との関わり

隅田川沿いに架けられている首都高速道路では、かつて6号線がここ向島までだったこともあり、向島出入口が上り下りで出口、入口それぞれ、4カ所が離れた場所にあるのが特徴です。

関連リンク:向島志”満ん草餅(じまんくさもち)

どの出入口も都道461号線墨堤通りに接続していて、堤通公園があるのは上り線の出口のところ。すでに創業100年を越える志”満ん草餅のお店のところです。

向島出口の脇にも道路に面して堤通公園の入口があります。ここの部分の園地は全体からみればほんの少しだけ。ベンチなどあるものの、ただちょっとした空地のようになっているだけです。

園地はこちら側から、首都高速の隣に沿って川沿いの園地まで続いています。進めば交通公園部分が見えてきますが、通常囲いの中に入るためには、河岸の遊歩道を反対側まで迂回することになります。

墨堤通りの対面側には子育地蔵堂があり、提灯がみえています。祀られたのは文化(1804~1818)年間とのこと。かつてはかなり信仰を集めたといいます。地蔵坂通りはここから始まります。

関連リンク:吉備子屋

こちら側にもきびだんごと桃鈴の吉備子屋が店舗を構えています。また興味深いのはこの辺りが武蔵国になるずっとまえ、そもそもの武蔵と下総の境界になる流れがあったと考えらえていることです。

地蔵坂通りは牛島堤の築造など、治水の結果できた水路が暗渠化されたものと推定されます。最寄駅の曳舟の由来も、水路を引かれる船の景色になるようです。

いずれにせよこの辺りから南側は武蔵国だったことから、634mの東京スカイツリーは武蔵国だった場所にあると結論づけられることになります。

堤通公園を訪れるには(アクセスについて)

住所:東京都墨田区堤通一丁目8番1号
連絡先:03-3612-5565(堤通公園内交通公園管理事務所)
交通公園の囲い内開園時間:9時~20時(自転車等利用は17時まで)
休園日:12月29日~1月3日まで、ほか花火大会の時に休園あり

【公共交通機関を利用する場合】

最寄駅:東武スカイツリーライン、亀戸線曳舟約850 m

スカイツリーラインの隣駅東向島からもほぼ同じくらいの距離です。

最寄バス停留所:地蔵坂約70 m(ただし墨堤通りの入口まで)
(墨田区内循環バス北西部ルート、押上~東京スカイツリータウン)
(京成タウンバス 土日休日運行の有1、2路線 浅草寿町~亀有駅)

地蔵坂停留所は墨堤通り沿い

墨田区内循環バスでは、押上駅の次が北西部ルートでは曳舟駅南になっています。一方だけの巡回ルートのため、行きは随分遠回りしていると感じるはずです。押上駅は、墨田区内循環バス3ルートのハブになっています。

【自動車を利用する場合】

駐車場:ありません

住宅街側の入口前には民間駐車場があります。ただし、さほどの台数は停められず利用できるかどうかは未知数。周辺でいえば、白髭橋東詰にあるリバーサイド隅田セントラルタワーに、200台ほどの地下駐車場があります。

まとめ:交通公園なだけでない堤通公園の楽しみあり

確かに充実した交通公園になっているのが堤通公園。表通り沿いに入口もあるものの、敷地の大部分は交通公園のコースと施設です。それでもそうではないところをみてみると、意外なほどあれやこれやがあることが分かります。

交通公園としての充実ぶりを体感するのにも、それだけでないことを実感するためにも訪れてみる価値はありそうな、ちょっと隠された部分がある公園といえそうです。

公式サイト:特別なものはありません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。