子どもと無料で楽しむあいち健康の森公園芝生広場エリア徹底解説【愛知県大府市、人気の遊び場】



あいち健康の森公園の、それぞれの芝生の広場に設置された大型遊具は、どれもが思い切り体を動かせて、エキサイティング! 健康の森にふさわしく生育に役立つだけでなく、さすがは遊び場だ! と思える楽しさも演出されています。

子どもと遊びに出かけて「ここはいいな」と思える場所をご紹介しています。あいち健康の森公園の主要な遊びスポットの中で、丘陵の中を駆け巡る子どもの森は、どちらかといえばファンタジーな演出で満ちています。

あいち健康の森斜面遊具
子どもと無料で楽しむあいち健康の森公園子どもの森徹底解説【愛知県大府市、人気の遊び場】あいち健康の森公園にある子どもの森は、まるでテーマパークのようです。専用の宝橋を渡ってたどり着く、丘陵の森のひとつのルートを進むと、展望...

まるでテーマパークのような子どもの森だけでも、遊び甲斐は充分。一般道で隔てられた一画は架橋されているとはいえ、独立した遊びの王国のようでもあります。あいち健康の森公園はここだけでも、すごいところ。

あいち健康の森大芝生広場大型複合遊具
あいち健康の森・げんきの郷がよく分かる【愛知県大府市、東浦町、人気のお出かけ】まるでテーマパークのようにも思える、子どもの森のいろいろな大型遊具だけでも、かなりな規模の公園と同じレベルになっています。愛知県大府市(...

ところがあいち健康の森の中で、子どもの森はほんの一部を占めるに過ぎません。遊具のことは外して考えたとしても、あいち健康プラザ交流センターといった建物の中で過ごす楽しみもあります。

テニスや球技を子どもが楽しむのには準備がいるにせよ、ベビーゴルフといったすぐに気軽に取り組めるゲームも用意されています。生き物と触れ合える自然環境もあり、そのまま水遊び場になっていたり。

愛知県営公園であり、とにかく規模そのものが桁違いのレベルなあいち健康の森公園。それは遊具の充実度について目をやってもです。なかなか比べるものがないほどな子どもの森以外にも、別物な芝生広場があと三つ。

それぞれ特色ある大型遊具が置かれているのです。いつものように独自に撮影した写真を満載して、あいち健康の森公園の3つの芝生広場にある大型遊具について、人気の遊び場へのお出かけに役立つようしっかりガイドします。

子どもが大型遊具で遊べる三つの芝生広場をしっかり解説!

かつては遊具のある三つの広場の中では、大芝生広場の遊具が大きさで圧倒していました。コロナ禍を経てどこもが大幅リニューアルしたあいち健康の森公園。遊具事情はすっかり変わって、どこもが遥かに充実を果たしました。

大型複合遊具のKenmori-01とすくすくランドが大芝生広場に!

第1駐車場と隣接している、とても大きな芝生の広場が大芝生広場。南側にはフォレストブリッジを通じてあいち健康プラザに向かう空間に、ゲートのような交流センターが建っています。

その辺りからは見渡した北側、ちょうど反対側の端っこに大きな遊具があるのが分ります。それがKenmori-01です。ほんとうは大きなコンビネーション遊具が小さく見えるほど広いのは、さすが大芝生広場

緑色の塔は巨木のイメージなのか、Kenmori-01は高さに挑んで、すべり台によって戻ってくる趣向の遊具といえます。種類の違うロングスライダー三つが塔の上部から発進しています。

最終的には塔の内部の仕掛けか、螺旋階段を上っていくにせよ、地面から最初の階層にはアプローチのように遊びが組み合わされています。

もっとも高いところからはローラーすべり台。この高さを克服するためには、ずっと階段を上っていっても、塔の中心部分をネットとリングでよじ登ってもいいです。

逆に最も低い位置からは、三つのロングスライダーとは別のミニすべり台もあります。ただKenmori-01は小学生以上を対象に意識していることもあって、このミニすべり台もネットやウォールの先。

塔の足元で展開する部分のとりあえずの脱出口のような役割。ミニすべり台で挑戦をリセットしないのであれば、ネットスロープやステップ付きの急な斜面を登坂することになります。

よくあるコンビネーション遊具のように、下のほうは身体能力がついてこない幼児でも、それなりに遊べるようにしてある構成ではないです。

 

横渡りを含むクライミングウォールや、ザイルやスチールのラダーからの挑戦が、塔を外まきにして控えている感じ。こういうところは、他にも大型遊具がいくつもある、あいち健康の森公園らしき思い切りといえます。

塔そのものの難易度は、二段構えのようにみえます。階段や螺旋階段を使ってもいいです。一番下にネットが張られた中央のリングからも、ロングスライダーを目指していけます。

途中からは一段づつのぼって欲しいと書かれた、少しズレながら一部に張られたネットを、互い違いに使っていく中心部を使う方法もあります。

三つのうちの残り二つのロングスライダー、ローラーすべり台以外のものは、グリッサンドすべり台とチューブスライダー。

一つ下の階層からほんの少しだけ高さを違えて、やや高いところからまっすぐに下りるグリッサンド。少しだけ低くなった段から螺旋を描くスパイラルチューブのものが利用できます。

Kenmori-01に更新される前に大芝生広場のあった子ども遊具

以前ここにあったのは、ご当地遊具とでもいえる富士山遊具と連絡する、大きなリングトンネルの子ども遊具。これはこれでユニークなものながら、確かに昔ながらではありました。

より高さへ挑戦する意識が込められて、結果としてすべり台は豪快になったのは明らか。そしてスゴイすべり台の発展の系譜が辿れる、ローラーすべり台とグリッサンドすべり台のハイブリッドが加わりました。

豪華版になったのは間違いなし。今風の正常進化でもあります。平面的な広がりはあまりなくなり、ゆとりは減った気はします。対象年齢も高くなった感じでもあります。そうであっても、遊具はこれだけではありません。

乳児まで対象!のすくすくランドはありがたい遊び場

大芝生広場の大型遊具が、Kenmori-01に更新されて遊びがダイナミックになり、対象年齢がちょっとだけ高くなったかな? と思ったとしても問題ありません。

以前から大芝生広場にあるすくすくランドは、0歳~3歳に対応している遊び場です。赤ちゃんから乳児に近い幼児まで、しっかり囲われてゴロゴロしても大丈夫なスペース。

【0歳~2歳育児で大助かり】すくすくランド系遊具とは!どこにある?が一目瞭然名古屋に本社のある、遊具メーカーの企画だからなのか中京圏を中心に、目立ち始めている状況を掴んでいます。いずれにせよとても助かるすくすくラ...

単に対象年齢が合わないといった場合だけでなく、活発過ぎる年上の子どもが気になるときなどにもとても助かる遊び場です。

柔らか素材でかつ、ハイハイでも大丈夫な床材。土足禁止とまではしていないものの、囲みを作って快適な環境を守っているのはうれしいところ。

あるけるぞーさん(6ヶ月~1歳3ヶ月)

わずかな間でも発達段階が違う年齢層のためのスペース。それぞれに合わせた遊具を並べて、おおむねで参照できる年齢が表記されています。

ポール渡り(1歳3ヶ月~2歳)

遊具の哲学としてあるのは、心身ともに健全な発育に寄与してくれたらいいな! ということ。場合によってはさほど年齢差のない兄弟姉妹が一緒ということもあるでしょう。

チャレンジポール(1歳3ヶ月~2歳)

すくすくランド系では身近での見守りはまだ必須だけれども、下の子がもっと手がかかる場合などまで想定されています。そうした場合には兄弟姉妹一緒に遊べるのも必要な要素。

いもむしステップくん(2歳)

身体能力の発達に寄与しつつ、チャレンジ要素もあって、近い年齢なら一緒に遊べるのも、見守りする立場からすると、とても助かることになります。

ハートフルアイランド(6ヶ月未満)

そうであっても、なかにはハイハイの準備スペースも! まるっきりの乳児であっても、ここなら遊べるということまで考えられています。

珍しいコンボと大型複合遊具の芝生広場

大きく分けてふた組の大型遊具がある芝生広場大芝生広場からなら、健康器具が並ぶ健康ロードを進んだ先、第2駐車場からきたならば管理棟へ向かってきて、着いた隣になります。

芝生広場で注目したいのは、なんといってもターザンロープがコンボなこと。なにがコンボかといえば、よく見られる形のターザンロープ(ロープを滑車で滑る一方通行のもの)と、また別の種類が一緒にあることを指しています。

2024年5月現在休止中のエンドレスターザンロープ

違う種類のターザンロープというのは、レールウェイ式のもののこと。珍しくも楽しい遊具で、ブランコの発展形と捉えられるターザンロープの系譜の中でも、究極の進化形といえそうです。

そもそもターザンロープのロープとは何を指しているのか、可能性として答えはふたつ。多く見られるターザンロープの仕組、ロープウェイを指すならば、レールウェイのほうはターザンレールということになりそう。

あたかもターザンの様に、つかまって滑空する部分を指すならば、レールウェイのほうは1周ぐるりと回ってこれるターザンロープということになります。他に待っている人がいなければ、そのまま無限に滑空できることになります。

現在故障休止中の状態からそのままなくならなければよいですが

こうしたことは、どこかに定義がある訳ではないです。もっともそんなことよりも、一方通行でなく、レールウェイタイプになっているこのエンドレスターザンロープ

【ターザンロープ】公園選びの参考書!公園遊具の種類を徹底考察公園で遊ぶ時に、やはり気になるのは遊具。いろいろな種類のある遊具は、それぞれ遊具メーカーや設置者の思いが、しっかり託されています。その想...

珍しくてエキサイティングなことが重要。しかもどちらも並んであるというのが、あいち健康の森公園の得難さです。ブランコの進化やターザンロープのことを参照頂ける記事があります。

芝生広場にも大芝生広場に負けない、大型コンビネーション遊具が置かれています。搭を上ってすべり台で下りる基本は同じタイプ。芝生広場のほうはフォレストハウスという名前がついています。

コードネームのような名前がついた大芝生広場のものは、何だか未来を予感させるような雰囲気のような気も。フォレストハウスは対して自然志向なのか、健康の森らしいといえばそう。

フォレストハウスのところに以前あった更新前の遊具

フォレストハウスのところには、以前は砦風のアスレチック遊具がありました。丸太組の構造体に、ネットが被されたリングトンネルが配されて、空中を渡る遊具が更新されたものです。

Kenmori-01フォレストハウスも雰囲気は違っても、いまどきの大型複合遊具であることは変わらず。メーカーの用意したユニットを組み合わせて、いろいろな遊びをはめ込んだものではあります。

それからフォレストハウスも上ってすべり台というのが基本。ふたつの塔がネットの橋で連結されて互いに行ったり来たりできるようになっています。

いわゆるジャングルジムとも少し違うラダー組みの部分も!

ただしあくまでKenmori-01と較べてみるとながら、フォレストハウスのほうは高さへの挑戦よりもより平面的な展開、渡りのほうが主なテーマにみえます。

一番高いところからのすべり台は少しうねった樹脂製のチューブスライダー。上りは段々と広い台場になったところをステップアップしていく仕組。最後の一段だけ穴あきパネルがラダー状になっています。

チューブスライダーの出発地点のところからも、もっと塔はそびえ立っています。けれどもそこにはいくことはできず。機能的には特に困難な上りはありません。

低いほうの塔も同じような感じで一段分低く、そこからはウネウネした滑走面の赤い樹脂すべり台を利用できます。屋根の部分がやはりより高くそびえていて、こちらもアクセスはできません。

赤いウネウネすべり台へ向かう場合には、最後の高い段はないです。ネットの橋を渡ってくるとほんのちょっとだけ、ステップアップ。他にも低いほうの塔へはアクセスする遊びが組み込まれています。

グリップ付きのクライミングボードはステップ三段分の登り。岩肌のクライミング部分もあります。子どもの森にあるもっと大きなもののパーツのようなもの。これを使ってステップの最初の段へアクセスしてもいいようです。

最初の段へは足場付きのはんとう棒のようなものを渡っていったりしてもいいです。この長めのルートの渡りには高低に段階の選択肢があります。こんな風にいろいろな趣向が盛り込まれています。

そもそもフォレストハウスには塔の部分とは別に、ゲートのようなコンビネーション部分があります。階段かネットスロープで屋根の架かるところに上り、もうひとつのすべり台も付随しています。

黄色い小さなスパイラルスライダーでやはり樹脂製。ふたつの塔へは足場付きのスロープを一旦下がって向かっています。もちろんこの順路に限らず、逆に進んでもいいです。

他に芝生広場にあるのは、スプリング遊具やクマ? のパネル遊具。クマらしきボードの遊具はザイルでちょっとだけ上ってみたりできるものです。

屋根付きの休憩スペースもあって、すぐ横に飲料とアイスの自動販売機も置かれています。実は芝生広場と呼ぶところは、大芝生広場やもうひとつのさんさん広場のような芝生が広がるという感じではないです。

さんさん広場は芝生の斜面

芝生広場と園路を挟んで対面する辺りがさんさん広場。いのちの池のほうに向かって下っていく斜面はむしろ芝生広場よりも、きれいな芝生に覆われて自由に過ごせるスペースです。

2024年5月時点で砦のネットトンネルは休止中、恐らくネット部分の修理のため

さんさん広場もまた広い芝生のエリアながら、大芝生広場とかなり違うのは、園内のいのちの池に向かった、なだらかな斜面になっていることでしょう。

この斜面を利用したローラーすべり台は、それだけでなくハイブリッド型。ターザンロープも同じスタート台から遊ぶようになっています。見下ろす斜面に見える遊具よりも新しいもの。

かつてあった木製ターザンロープ耐久性の問題か撤去されたターザンロープ

さんさん広場いのちの池のほうに下りて行ったところにある、砦のネットトンネルのところには、並んで木製のターザンロープがありました。天然素材の遊具はいいものながら、どうしても耐久性が問題になります。

位置を変えて坂の上で、今風のものに生まれ変わっただけでなく、さんさん広場の地形を思い切り生かしたローラーすべり台と一緒になって、いっそうワクワクできる遊具になったといえそう。

ローラーすべり台は大きく弧を描いて、さほど地面とも離れず、ゆったりと景色を眺められそうなもの。これであいち健康の森公園には三つの長めのローラーすべり台があることになります。

さんさん広場のものが一番刺激は少ないかもしれません。ただローラーすべり台、どちらかといえばさほどの傾斜がなくとも、楽しめるのが本来の機能。眺めの良い広場に置かれたこれが最良な面もあるやもしれません。

ハイブリッドな設置の遊具共通の入口だけでなく、ターザンロープのスタート部分には長いスロープも備わって、これもターザンロープの機能としてはよく考えられたもの。いずれにせよ、さんさん広場はかつてよりも圧倒的な魅力を獲得しています。

砦のネットトンネル

すべり台で下りられる切り株イメージの遊具にも、リングトンネルのようなものが渡されています。正確にはリングトンネルというより、吊られたリングがネットで結ばれたものです。

リングはネットを空中に吊るすためのもので、結果としてネットトンネルを渡る時には遥かに不安定でグラグラします。他にもネットトンネルの一方の端に上るためにもネットが活用されています。

このネットの補修跡には注目です。柔らかい天然素材のネットは、同じような素材の公園でよく使われる、いわゆるザイルよりも優しい素材です。

山梨県南アルプス市御勅使南公園のザイルクライミング

ザイルはドイツ語由来の日本語で、登山用品やレスキュー用品でよく使われる言葉。公園で使われる時含めて、一般には耐久性、耐候性を強化した縄のようなものを示します。

機能性のザイルでなく天然素材の縄を使う場合、特にネットらしく細かく編み込む場合には優しさやコストの面でも有利でしょう。その代わり屋外に設置する場合は特に、メンテナンスは大変になります。

補修跡はしっかりメンテナンスされている証拠でもあります。しっかり手入れされているのは安心できます。大きな切り株のほうにも、ネットで上るルートがあり、それぞれの切り株は中に入れるような穴が開いています。

大きな切り株の方は中をスルーでき、小さな切り株の穴は洞のようになっています。切り株の木目は模様ながら、自然素材の演出、ワイルドなテイストが溢れかつ、それを守るための努力も垣間見られるさんさん広場です。

砦のネットトンネルの横にある、白い盛り上がったものは、ふわふわドームのようなものでなく、駆け上ったり下りたり、ただ戯れて遊ぶものです。いわゆるオブジェ系遊具。

こうして残っているものをみて、過去の遊具も思い起こすと、さんさん広場はかなり意識の高い系な遊び場だったことが分かります。そこに加わった刺激が強いハイブリッド遊具。三つの芝生広場もどんどん進化しています。

子どもの森への途中にも、幼児に最適な面白い遊具が!

園内の視界の開けた場所なら見える高い塔は、子どもの森へ続く宝橋の近くに立っています。広いあいち健康の森で、どこにいるかの目安となる道標です。

この塔の足元にも少しだけ遊具があります。幼児用のスプリング遊具に加えて、ボールスウィングがたくさん集まったものが注目です。

あいち健康の森公園を訪れるには(アクセスについて)

住所:愛知県大府市森岡町9丁目300番地
連絡先:0562-47-9222

駐車場:無料(805台)
駐車場利用時間:7時~21時
最寄り駅:JR東海道線大府駅(約2 km、バス約6分)
最寄バス停留所:あいち健康の森公園

無料の駐車場が充実し、駅からも近く、バス便も公園に向かいます。とはいえ広い公園です。利用できるバス停留所も複数あって、あいち健康の森のどこを利用するかによって最適なところは違います。

とりあえず子どもの森近くのあいち健康の森公園バス停を目指すのがよさそう

あいち健康の森公園を利用する際の詳しいアクセス方法はあいち健康の森の概略を解説した関連記事を参照頂けます。

まとめ:それぞれが刮目の大型遊具、集まれば弩級に

広大なあいち健康の森公園らしく、のびのびと過ごせる広場が三つ。広く平坦だったり、斜面だったりの芝生や、特に子ども向けだったり、広場はさまざまなれど、どれも刮目の遊具が置かれています。

どれもがすごいから三つも集まれば、まさにまとまって弩級の遊びのスポットがあいち健康の森公園だ! ということになります。

それでもまださらに、子どもの森まであります。そして遊び尽くした後も、食事や温泉、買い物や時にはお泊りまで、楽しみは尽きないのがあいち健康の森なのです。

公式サイト:公園に遊びに行こう!あいち健康の森



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です